こんにちは。Bouquet Perfumeの相沢 知美です

いつの時代も変わらず私たちの生活の身近なところには花がありました。

しかし、近頃は「家にお花を飾る」事が特別な事に感じる様になってきました。

それは、現代の生活スタイル、住宅環境が大きく影響していると思います。

でも、実はお花を家に飾ると家が整い、家が整うと心も整うのです。

そして、私たち女性の心が整い、毎日を楽しく過ごすことが出来ると一緒に暮らす家族にもそれが伝わるものです。

実は、その事に気づかせてくれたのは私のお教室に通ってくださっている生徒さん達でした。

そこで、皆さんの「お花が好きだ」という気持ちに寄り添うスタイルはないか考え、このインテリアフラワーアレンジメントという形でお花の魅力をお届けしようと考えました。

だからBouquet Perfumeのレッスンは

「このお花でアレンジメントしたら季節感を感じられて楽しいだろうな。」


「お洒落な器やデザインにお花をあしらい素敵なお部屋作りができたらいいな。」

「こんなリースでドアを飾ってみたいな。」

など「リビングに飾りたいお花」を形にしました。

そして、そこに暮らす皆様の笑顔を想像しながらデザイン、色合いなどを考えたブーケット パフューム オリジナルのデザインです。

私の25年という花人生、常に新しい発見と、感動を受ける日々を過ごしています。

それは新しい品種の花。新しい色の花。今の私たちの生活スタイルから生まれる今に合ったデザインから感じます。

それらを通し花に触れるたび私の中で最高の幸福感と、気持ちが穏やかになる感覚が心を満たします。

だから、以前お花を習ったことがある。

という方にも、ブーケット パフュームのインテリアフラワーアレンジメントというスタイルを通して今までにない感動を味わえると思います。

また、お花を習ったことが無い初めての方は想像を超える感動を感じていただけると思います。

今振り返ると、「花」と共に歩む人生は時には厳しい時もありました。

しかし、そんな時乗り越えられたのも花の力でした。

だから作品をリビング飾り嬉しい気分になってくれたり、ふとした瞬間、作品が目に入り癒されたり、家族と話題になったり。

作品が暮らしを潤し、応援歌とし背中を押してくれる存在であることを皆さんにお伝えしたいと願っています。

それは私がまだ事務職をしながらお花の教室に通っていた時でした。

帰りの電車の中で、椅子に座り、膝に作品を置き、袋から覗く自分の作品を何処に飾ろう・・なんてワクワクしながら電車に揺られていたときの事を今でも鮮明に覚えています。

更に、もう一つ私の記憶にしっかり刻まれているのが「花の香り」です。

その香で心が満ちていく感覚、はりつめた全身の筋肉がほぐれる感覚として脳と体が10年、20年たっても覚えているのです。

そして、その感動が一瞬ではなく、ずっと続くものであるようにと、私が願いを込めてこだわっていることが作品の仕上がりでもあります。

勿論、それは経験値やその方の個人差もあります。

しかし、一生懸命作った作品には愛着が湧きます。

多少、失敗箇所があっても「それは次への課題」。少しずつ課題に挑戦し上達していくこともまた喜びになるでしょう。

だから、私は皆さんが完成したとき「出来た!!」という喜びも大切考えています。

その為にも、一生懸命指導して、皆さんにとって1つ1つが大切な作品になるようお手伝いする。これが私の役割だと思っています。

ある生徒さんから聞いたことがあります。

仕事から帰宅してこれから夕飯作らない・・・と思っていたけど、玄関に飾られた自分で作った作品を見て「よし、頑張ろう」と思えた。という話です。

それは、自分で作った作品を愛し、出来上がった時嬉しいと感動した証拠でしょう。

ブーケット パフュームのアレンジメントは暮らしを奏でるお花。

時には優雅なクラッシクなように。

時には気分が弾むようなテンポの良い音楽の様に。

そして、時には私たちを励ましてくれる応援歌のように。

~最後までお読みくださりありがとうございました。

ブーケット パフューム

相沢 知美

プロフィールはこちら

ホームに戻る