【フラワーアレンジメント 葉っぱの使い方】カラテアとは。ゼブラ柄 & 赤紫の両面使えるカラテアの葉っぱの使い方/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

◆体験レッスン募集中

~レッスンの日程、詳細は画像からどうぞ

 

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きい花のフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームを主宰しています。相沢 知美です。

 

夏休も中盤に入りましたね。

我が家は受験生がいる事や、コロナの事もありそれほど楽しい事は出来そうもありません。

それでも何か。小さな事でも楽しみを見つけて過ごしたいと思います。

 

個性的で美しいカラテアの葉っぱ

さて。今迄たくさん葉っぱの使い方についてお話しをしてきました。

皆さんも葉っぱがどれだけ表現豊かで

フラワーアレンジメントの中で輝く花材かお気付きになったと思います。

 

そこで本日は

【フラワーアレンジメント 葉っぱの使い方】カラテアとは。ゼブラ柄 & 赤紫の両面使えるカラテアの葉っぱの使い方と言うタイトルで

 

裏表で違う表情を楽しめる個性的で美しいカラテアの葉っぱの

出回り時期、原産地など基礎知識と

魅力を引き出す葉っぱの使い方

をブーケットパフュームの1mを越す大きいフラワーレッスンの作品と共にお届けしたいと思います。

 

カラテアとはどんな葉っぱか

 

カラテアの原産地、科属とは

カラテアと言う葉っぱはクズウコン科、カラテア属に分類される熱帯アメリカ原産の観葉植物です。

特長は、葉っぱにある美しい模様です。

約100種類あると言われていて、葉の形、大きさ、模様などの違いがあります。

 

カラテアの葉っぱの出回り時期

はっきりした流通時期は不明ですが、花市場では夏によく出回っている葉っぱです。

 

カラテア「インシグニス」の3つの魅力

本日ご紹介するフラワーアレンジメントに使われているカラテアは「インシグニス」という葉っぱです。

この葉っぱには3つの魅力があります。

 

1.表面にある模様がある

2.葉の裏が赤紫色をしている

3.葉がウェーブしている

 

細長い葉っぱから表面は動物の尻尾の様です。

裏の赤紫は表と違ってシックで落ち着いた光沢感がてりラグジュアリー感わ感じます。

淵のウェーブもとっても面白く、何処を見ても魅力一杯の葉っぱです。

 

カラテアの葉っぱの使い方のコツ

上記でご紹介したように、カラテアには3つの魅力があります。

(表の模様、裏の色、ウェーブです)

 

そこでこの3つの魅力を使ってアレンジした生徒さんの作品をご紹介します。

 

葉で流れを作る使い方

フラワーアレンジメントに流れを作ると、そこにストーリーが生まれます。

 

この時の大きいフラワーレッスンでは、カラテアの葉っぱを使い流れを作りました。

左から右(右から左)へ向かって葉っぱを配置していきます。

この時、葉っぱの高さを変えたり、葉っぱを前後に配置するなどしましょう。

アレンジメントに奥行きが出来、立体感が出ます。

 

葉っぱを丸めた使い方

葉っぱは基本後ろに反り返っています。

葉っぱの裏を見せたいと思った時に、そのまま使ってはアレンジメントの花の流れ(広がり)と、葉っぱの流れが合わず、嵐が去った後の様な荒れたアレンジメントになってします。

 

そこで、カラテアの葉っぱの裏を見せたい時は、葉っぱを丸めて使う事がおすすめです。

丸めた葉っぱを複数枚用意し、同じ所にまとめてアレンジするとアクセントになり、アレンジメントに華やかさがでます。

 

ただし、この時も丸めた葉っぱの向きが重要です。

丸めた葉っぱを横に使うのが、ちょっと角度をつけてアレンジするか。

ご自分で1枚1枚の葉っぱを丁寧に生けて、どの向きが綺麗か意識してみましょう。

 

丸めた葉っぱをまとめてアレンジする時は、同じ向きにしても良いし、すべて向きを変えても良いです。ただし、その場合、葉っぱがバラバラにならないように、そこに葉っぱを再生してあげる気持ちでアレンジします。

 

 

葉の側面を見せる使い方

葉の側面を見せるととっても動きのあるフラワーアレンジメントが出来ます。

葉っぱにウェーブがある種類はとっても珍しいので惹きつけられる事と思います。

 

また、アレンジの中で緑の分量が多く感じた時や

葉っぱが重く感じるようなときは葉っぱを横にして使うことで解消されます。

 

まとめ。この夏はカラテアの葉っぱを是非どうぞ

カラテアのような個性的で綺麗な葉っぱがアレンジメントに使われていると、それだけでアレンジメントに注目が集まります。

 

今回ご紹介したフラワーアレンジメントは大きいフラワーレッスンで生徒さんがアレンジしてくださった作品たちです。

 

夏らしいカラフルな花にとてもよく合いますが、百合やアンスリウムなど白い花にカラテアを合わせてみてもとてもモダンな花が出来そうですね。

 

可愛いテイストの花より、かっこいい花、大人っぽい花と色との相性が良いのではないかと思います。

パステルのガーベラより真っ赤なガーベラ 
小花よりアンスリウムひ、まわりなど大輪の花 
ピンクのバラより、ピンクのアンスリウムなどが合うと思います。

 

カラテアを使うことで今までにないフラワーアレンジメントをきっと楽しめると思います。

是非、この夏カラテアを見かけましたら試していただきたい魅力的な葉っぱです。

 

◆関連記事~カラテアを使った秋のバラアレンジ

【9月 フラワーレッス】「秋空」のような空気感を演出/大きな造形フラワーアレンジメント教室 横浜 神奈川
こんにちは。 横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室 ブーケットパフュームの相沢知美です。 本日は  【9月 フラワーレッス】「秋空」のような空気感を演出/大きな造形フラワーアレンジメン...

 

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

アレンジメントの作り方
1000㎜²の大きいフラワーアレンジメント教室 横浜・神奈川|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました