大きなアレンジに特化したレッスン作り。 目標に向かい自分を強くするには

花教室、花の仕事について

明けまして、おめでとうございます。

 

横浜、東京、神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

昨年は多くの方にブーケット パフュームを応援して下さり

誠に感謝申し上げます。

 

今年は皆様から、沢山の力を頂き

このように大きなアレンジメントに特化したレッスンをスタートする事が出来き

皆さまのお力沿いのお蔭でこのように少しずつ形にする事が出来たと感じております。

 

 

今日は

これからフラワー教室を始めたい方

 

今のフラワー教室をワンステップあげたい方に

 

私が大きなフラワーアレンジメントに特化したレッスンを立ち上げる中

私が感じた

誰にでもある不安な気持ちを克服し

目標に向かい自分を強くする

 

そんなお話をしてい見たいと思います。

 

1.環境が大切

まず、この言葉を一番にお伝えしたいと思います。

 

「環境」とは

駅から近い立地

広くて素敵なアトリエ

 

そんな事ではありません。

 

一緒に頑張れる仲間がいる事や

 

頑張って既に成功している(又は、形になりつつある)方がそばにいる

 

と言う事です。

 

何故なら、その方たちの日々の努力は自分にとって大きな刺激、励みになります。

 

頑張っているのは自分だれては無いんだ。

あの方もこんな風に乗り越えられたんだ。

 

夢に向かって情熱を持ち、そして常に前を向いている方の逞しい精神、行動に多くの事を学ぶ事が出来ます。

 

 

そんな方と時には交流をとれるような機会を作ったり

 

もしくは、お会いしたことが無い方でも

「この方の頑張りは尊敬できるな」と言う方がいたら

ブログを読んだり、ライン@を登録したり

 

その方の発信に触れる機会を作ってみては如何でしょうか。

 

2.自分を信じる力

決して過信とは違います。

 

「自分なら出来る」

と、思ったことは力が湧きあがり、そう思った時点でどんなに小さなことからでも行動に移せます。

 

そして大切なのは「方法」も考える事だと思います。

口約束の様に、出来るという約束を軽く自分にしてしまうのではなく

いつやるか、方法は

と、同時に少し深堀して考える事が大切だと感じました。

 

 

しかし

「出来るか不安」

と、思ったことはその時点て出来ない方に自分で持って行ってしまいます。

現実逃避をするように先延ばしをしてしまいます。

 

もう、その時点で出来ない事は確実になっているのですよね・・・

 

 

どん底スタートで従業員0人から、今は事務所を構え社員を何人も雇う事が出来た方が

「自分を奮い立たせることが出来る人」が成功(目標達成)できる。

と、教えて下さったことがあります。

 

そう、「自分なら出来る」と、奮い立たせる

 

不安を払う位の「やる」と決める気持ちと、自分を信じる気持ち必要と感じました。

 

 

アスリートが、願掛けをして靴を左から履く

試合の日の朝食が決まっている

 

これもほんのわずかな不安拭い

成功へのイメージを膨らませ自分を信じる力を得る為ではないでしょうか。

 

自分を信じる事は非常に大切な事。

 

 

私も何度も不安に襲われましたが

やはり自分を救うのは奮い立たせる気持ち。

 

それには、1章目でお話した方々の刺激が励みになる事も多いいです。

 

3.自分の作品に自信を持つこと。

自分の作品を貴方は愛おしく思う事ができますか?

 

自分の花に迷いや自信が持てないと

フラワー講師はレッスンでその不安が言葉の端に出てしまいます。

 

フラワーアレンジメントの販売でもその作品の良さを皆さんに伝える事は出来ないでしょう。

(これはフラワー講師にも言えますね)

 

もし、まだ何かが足りないと思うのなら

アンテナを張る事も必要だと思います。

 

それは違うジャンルの花から学ぶのも良いでしょ。

いけ花からフラワーアレンジメントを学ぶ

プリザーブドフラワーからフラワーアレンジメントを学ぶ。

 

自分のアンテナ引っかかったものを

見て、触れる事は新しい気づきがあるかもしれません。

 

私も最初は大きな花に特化したフラワーアレンジメントに不安がありました。

 

しかし、この不安を拭う為に追求することに時間を沢山使い

そして、皆さまから反応を伺う中で不安が確信に変わりました。

 

そして、今こうして皆様にブーケット パフュームの花の魅力を皆様にお伝えする事が出来るのです。

 

4.終わりに

誰にでも停滞してしまう時があると思います。

 

余談ですが

私の叔母は美大の研究生として織物をやっていました。

母は叔母が学生の頃に壁にぶつかり苦しんでいる姿を見て

私がOLから花を仕事にしたいと言った時

 

「何かを創り出すことはとても大変な事なのよ。」と私の気持ちを確認したことがありました。

 

本日お話したことは今年を振り返りながら自分に確認する

そんな気持ちもあります。

 

そして、大きなフラワーアレンジメントに特化した唯一無二。

他にはないレッスンを作り上げる事に1年間挑戦をし、そして私が素直に感じた事

このブログを読んでいる方にお伝えしたい事です。

 

誰にでも心細い気持ちになる事はあると思います。

 

その時に「環境」「自分を信じる」「作品を愛する」

 

この3つが自分を強くしてくれると感じました。

 

 

 


募集中のレッスン


◆1月 【雅】

大輪の花や大きな植物でデザインする縦のライン、横のラインを強調したメリハリの良い作品です。

新年を迎えるにふさわしい華やかな日本の風情と、新しい年への引き締まった想いを表現しました。

※写真はイメージです。

花・色などは仕入れの状況で変わります。


1月のレツスンはこちら

 

 

◆2月【思い出の桜】

誰でにでも思い出かっのある桜の花。

その桜を使い思い出のシーンにタイムスリップしたような幻想的な作品を活けてみたいと思います。

 


◆講師の紹介はこちら


◆フラワーアレンジメントレッスンの様子

レツスンの感想はこちら

 


SNS


ブーケット パフュームの花紹介しています。

Instagram

 

日々の活動を紹介しています。

FB

 

皆様のフォローをお待ちしています。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました