【お花 春】おすすめ3選。春のフラワーアレンジメントの花材に/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

 

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

初めに

これから春のアレンジメントレッスンを準備するフラワー講師の皆様にお届けしたいと思います。

一年で一番、花の種類が多いいこれからの季節。

 

普段、手にしないような春にしかない花を使ってレッスンが出来たら

花教室に来てくださる生徒さん達も喜んでくれますね。

ダリア バラ 赤い花 ブルースター 水色の花 紫色のバラ

 

私のお教室でもフローリストの方。

花の経験が豊富な方

そして、初めてフラワーアレンジメントを学ぶ方と

 

様々な方に花との出会いを楽しんで欲しいと思いながら花を選んでいます。

 

そして、生花レッスンで心掛けて花を選びたいのは花の日持ち。

 

 

花を長く愛でる楽しさを味わってほしい。

レッスンの時の楽しかった思いが長く続くように。

そんな思いで花をご用意しています。

 

 

では、実際どんな花がおすすめになるのか

ブーケット パフュームの選ぶ花をご紹介したいと思います。

 

ラナンキュラス

丸く、やわらかい花びらが幾重にも重なる様子がとても魅力の花です。

色も、発色の良い黄色、ピンクから、くすんだ色まで様々な色のラナンキュラスがあります。

咲き方も多様で、「変わり咲き」と呼ばれるようなものもありますし

花びらが2色になっているとても華やかものもあります。

 

上手に管理すれば花は非常に長持ちします。

問題は、花の重みです。

 

花が開くにつれて、花の重みで茎が折れやすくなるため

オアシスに刺すアレンジメントでしたら短く使った方がお勧めです。

 

最近は、茎がストローのようなものに入っているものがあります。

こちらだと茎が折れにくいのでとても安心です。

 

チューリップ

 

王道ですが、やはり季節の花であり、色も咲き方も沢山あるので1年に1度

貴方が一押しと思うチューリップご用意してあげたら喜んでいただけますね。

 

そう、先日、モノクロ風のチューリップを見ました。

言葉で表現しにくいのですが、濃いグレーと淡いピンクのツートンで

小ぶりのアンティーク風のチューリップでした。

毎年新たな品種を出す花々。

そんな花との出会いはとても楽しいですよね。

 

3.香りのよい花

春の花は香もとても良いです。

例えば、バラ、スイートピー、フリージア、ストックなど。

 

アレンジメントの中に春の香の花も入ったら

きっと胸いっぱいに春を感じることが出来てとても楽しくなりますね。

 

特にスイートピー、フリージア、ストックは春にしか出会えません。

どけも日持ちが良く、つぼみもしっかり咲く花たちです。

色も春らしい色ですが、シックな色をお探しならスイートピーがお勧めになります。

 

バラはメインの花として使うにはとても使いやすい花です。

先ほどご紹介したラナンキュラスや、チューリップと合わせとるかわいらしい花も大人っぽく飾ることが出来ます。

 

おわり

他にも、春のお花はたくさんあります。

今回は種類が多いいラナンキュラスとチューリップ、そしてバラをご紹介しました。

 

これから枝ものも充実し、桜やビバーナム、ライラック、そして人気のミモザなど

とても人気の花が咲く枝から

新緑を楽しむドウダンツツジまであります。

昨年はどんな花でアレンジメントのレッスンをしたか思い出しながら

貴方の生徒さん達が感動してくれる花をお届けてみたら如何でしょうか。

そんな貴方の情熱も生徒さんにきっと伝わると思います。

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

アレンジメントの作り方
1000㎜²の大きいフラワーアレンジメント教室 横浜・神奈川|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました