【お花 ピハーナムスノーボール】春爛漫。フラワーアレンジメントのコツ/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメント教室アレンジメントの作り方

こんにちは。

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

本日は

春のフラワーアレンジメントの作り方のコツ。春の人気の花。ビバーナムスノーボールとダリアを使って

というタイトルで皆様にお届けします。

 

春色を作る黄緑色のビバーナムスノーボール

春の色と言えばパステル色を想像しますが、大人っぽく洗礼された雰囲気に作りあげたい時

たった1つ色で出来てしまうポイントがあります。

 

それ黄緑色の花を配色に使う事です。

 

黄緑色の花と言えば、カーネーションや、バラ、スプレー菊にもありますが

春のお花を入れて楽しいフラワーアレンジメントにしたい時におすすめなのが

「ビバーナムスノーボール」がおすすめです。

 

黄緑色は若草色のように新鮮なグリン色で、非常に明るい色をしています。

このフレッシュな色は春の印象にもピッタリです。

 

そして、ビバーナムスノーボールはユラユラ揺れるような柔らかさが春の軽やかな雰囲気ともとてもよく合います。

 

また、黄緑色はどんな色ともよく合います。

ピンク、黄色、ブルー、白、赤。

明るい色か、もしくは少しビビットな色がよく合います。

 

シックなくすんだ色と合わせて使いたい時は、シックな色を抑えるなど分量を調整して爽やかな黄緑色が浮かないようにバランスよくく入れて下さい。

 

色を繋げる色として同色の淡い色や白を混ぜてみても良いでしょう。

スノーボールとダリアのフラワーアレンジメント

 

 

小花で華やかなフラワーアレンジメントの作り方

春になると景色がとても華やかになります。

花壇に植えられた花は溢れるように茎をのばして花を咲かせ、街路樹には花が咲き。

道を歩いていれば、アスファルトの隙間から花が咲いてる。

 

そんな景色が広がる事から、春は華やかなイメージが自然と浮かび上がります。

 

器の中の花もそんな景色を切り抜いたように華やかに活けるととても春らしいフラワーアレンジメントになります。

 

この写真のフラワーアレンジメントではサクラコマチ、ツインキャンドル、スカビオサなど春の野草風の花が沢山使われています。

 

その為、このフラワーアレンジメントを見た印象はとても華やかに感じていただけると思います。

 

そして、この花を活ける時のポイントはメインのダリアより長く使う事です。

この花を長く使う事で生き生きとした春の息吹を感じることが出来ます。

 

 

生き生きとした花の生け方のコツ

花には表情があります。

花をより生き生きとした印象に活けるポイントは花を上向きに活ける事。

 

特に、ビバーナムスノーボールやスカビオサのような花の頭が下に向く花も挿す時の茎の位置や向きでこれらの花も違う角度で見せることが出来ます。

 

その為には

①花の向きを見てオアシスに挿す事

②オアシスに挿す時に手元を見るのではなく、花の頭の位置を確認しながら手元で角度を微調整する。

 

これは、本来綺麗なフラワーアレンジメントは放射線状に広がる事と言われていますが

この場合は花の頭の位置が放射線状の位置か、もしくはその近くに来ることに意識するという事になります。

 

グリン(葉っぱ)の使い方をマスターしよう

他にも、緑色の花材と言えば、グリン(葉っぱ)です。

グリンには様々な色があり、レモンリーフやモンステラのような青々としたグリン。

ダスティーミラーやユーカリのようなグレイッシュなグリン。

クッカバラなどの濃いグリン。

そして、ミスカンサスやアイビーのような白の斑入りのグリンなど他にもあります。

 

もし、「春らしいフラワーアレンジメント」というテーマで花を活けるなら斑入りのアイビー、ミスカンサスのようなグリンがおすすめです。

他にも、ピットなどもよいですね。

 

そして、もう一つおすすめなのが

葉の薄が薄く、色も明るい利休草、スマイラックスもなど、葉っぱを長めに入れる事です。

軽くフンワリとした印象のフラワーアレンジメントが出来ます。

 

更にグリンは数種類入れる事で華やかさも増すため

オアシスを隠すため、アレンジメントを華やかにするため、ポイントとして使うもの(軽さを出すもの)

と、使い方に敵したグリンを数種類選ぶのが上手なぐりつがいの

 

ビバーナムスノーボールの水揚げと管理方法

ビバーナムスノーボールはこれからの季節、初夏まで楽しむ事が出来ます。

しかし、水の下がりも早いため、本館的に厚くなると室内の熱気で元気がなくなる心配も出てきます。

 

フラワーレッスンや、活け込みなどの花に使うのならば、本格的に熱くなる前がおすすめです。

 

その際は、余分な葉を落とし、深めの花瓶でたっぷりとお水をあげるなどしっかり水揚げをしてお使いください。

 

水揚げ後、もししばらくして水が下がってしまったら、もう一度新聞で包み水揚げをなるべく早くしてあげて下さい。

長く放置してしまうと、花の頭の重みで茎を痛めてしまいます。

 

この状態を放置するとなかなかもう一度水揚げは厳しくくなります。

しかし、見つけたら直ぐに対応してあげれば花も答えるように元気になってれます。

 

出来れば、花瓶いっぱいに水を入れ、花が水に漬かるくら入れてあげると花もしっかり復活します。

 

最後に。ビバーナムスノーボールを楽しみたい方へ

私も大好きなビバーナムスノーボールです。

この花を見ると花のように気持ちも弾みますね。

 

花瓶に活け、水に反射した光がよりビバーナムスノーボールを明るくしフレッシュな印象が増します。

そんなビバーナムスノーボールを楽しんで春を満喫してください。

タイトルとURLをコピーしました