【男性 花】男性、男の子への花束、フラワーアレンジメントの色、花の選び方とは/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

本日は

【男性 花】男性、男の子への花束。フラワーアレンジメントの色、花の選び方とは/フラワーアレンジメント教室 横浜

というタイトルでお届けします。

 

年齢、印象で花束、フラワーアレンジメントの色を決める

男性に花を差し上げる時、または男性用のギフトフラワーをご注文頂いた時など、花の色はどんな色が良いでしょうか。

それには、まず相手が喜んで頂けフラワーアレンジメントを目指したいと思います。

 

そこで、男性の年齢、印象、そして好みなどからイメージをして

「男性的な力強さを感じるようなフラワーアレンジメント」「若く明るくスポーツマンタイプの方向けのフラワーアレンジメント」の2つのタイプに分けてみました。

 

それぞれどのような方にどのような花がお勧めなのか詳しくお話をしていきたいと思います。

 

力強く、大人ぽい落ち着いた印象の花の色

赤、青、紫はとても男性的な格好いいスタイルで花を差し上げることが出来ます。

赤×青×紫で組み合わせても良いでしょう。

 

この3色が濃いほど落ち着いた印象になりより力強さを増します。

しかし、もう少し明るい印象にしたい場合は紫色や青を淡くすると明るい印象になります。

 

また、季節に合わせそれぞれの色の濃さを調整し季節感を出すのも良いでしょう。

・春の色合わせ 赤×黄色×淡いパープル×白

・夏の色合わせ 赤×水色×白

・秋の色合わせ 赤×濃いオレンジ×濃い紫

・冬の色合わせ 赤×青×茶色又は黒×ゴールド

 

花の選び方のポイント

コントラストが強くなるため白をいれたり、グリンを多く入れるなどして調和を取ると良いでしょう。また、木の実やラッピングで色に入れてみるのもおすすめです。

 

若く明るくスポーツマンタイプの印象の花の色

黄色、オレンジ、グリンの花は明るく爽やかな印象になります。若い方、スポーツをしてらっしゃる方などにおすすめです。

少し、黄色ゃオレンジの色を渋みのあるマスタード色や濃いオレンジなどにすると落ち着いた印象にすることも出来ます。

 

男性の年齢に合わせ色の濃淡を使い分けと良いでしょう。

例えば

・小さいお子さんの場合 淡い黄色×白×水色×淡い紫

・20台前後 黄色×濃いオレンジ×淡い紫×グリン

・30代前後 マスタード色(又は濃い黄色)×濃いオレンジ×赤×茶や黒色(実物や染めた花などもおすすめです)

 

花の選び方のポイント

グリンの色でまた若々しさ、大人っぽさと印象を変える事が出来ます

 

若い男性向けのフラワーアレンジメトでしたらフレッシュ感のある青緑や白の斑入りのグリンを

大人の男性向けのフラワーアレンジメントは濃いグリンや茶系のグリンがおすすめです。

 

 

男性、男の子におすすめの花の色、葉っぱの種類を紹介

色の組み合わせでその方に合ったフラワーアレンジメントをご用意出来る事がおわかりになった思います。

しかし、花の種類がわからないようではイメージが出来ないと思います。

こちらではフラワーアレンジメントにおすすめの男性に合う花を色ごとにご紹介したいと思います。

 

《赤》バラ、ガーベラ、ユリ、ケイトウ、トウガラシ、ヒペリカム、カーネーション

 

《青》デルフィニウム、ラクスパー、リンドウ、あじさい、瑠璃アザミ、青く染めたカスミソウ

 

《紫》トルコキキョウ、ラクスパー、スターチス、ブルーファンタジー、スイートピー、ラナンキュラス

 

《黄色・オレンジ》バラ、ガーベラ、ひまわり、スターチス、スイートピー、ラナンキュラス、ケイトウ、シンビジウム

 

《茶色》バラ、チョコレートコスモス、ヒペリカム、ワレモコウ、スプレーマム、ヒマワリ、トルコキキョウ

 

《黒》カラー、ビバーナムティナス、チューリップ、トウガラシ、黒く染めた花

 

《グリン》ばら、シンビジウム、トルコキキョウ、ビバーナムスノーボール、カーネーション、ヒペリカム、ブプレリューム

 

《白》バラ、ユリ、カラー、トルコキキョウ、チューリップ、カスミソウ、スイートピー、フリージア、クルクマ、アンスリウム

《男性におすすめの葉》モンステラ、グレビリア、ドラセナ、アレカヤシ、シースター

春の花

 

シチュエーションで選ぶフラワーアレンジメントの形

男性におすすめのフラワーデザインには大きく分けて2つに分かれます。

一つは華やかに豪華な印象のフラワーデザイン

もう一つはコンパクトに持ち帰りやすい形のフラワーデザイン

開場や、相手の方の状況に応じて選ぶとより喜んで頂けるでしょう。

では、この2つのスタイルがどのようなシチュエーションに合うのか。詳しくお話をしたいと思います。

 

大きい会場に送る時や、花で感動を伝えたい時

大きな会場でお花を差し上げたい時や、差し上げる方にその大きさの感動を伝えたい時は大きく作ると良いでしょう。

 

カスミソウやブルーファンジアでボリュームを出したり

アレカヤシや、モンステラのような大きな葉を使うとダイナミックなアレンジになります。

 

他にはインパクトのある花を使うと大きく見える効果が期待できます。

例えば、ヒマワリ、カラー、ユリ、シンビジウムなどがおすすめです。

 

持ち帰りやすく男性でも持てる花にしたい時

電車で花を持ち帰る場合や、その後の移動が多いい場合。その方の行動に合わせて花をコンパクトにして渡すと良いでしょう。

 

その場合は、高価な花を入れ質を高めるような花材選びがお勧めです。

 

高価なフラワーアレンジメントに見えるおすすめの花

バラ、シンビジウム、ファレノ、ユリなど

この場合沢山の種類の花を入れてアレンジメントを作るより、シンプルな花材は洗礼された印象でコンパクトなフラワーアレンジメントを作ることが出来ます。

 

花の組合せ例

赤バラ×カスミソウ

赤いバラ×オレンジのバラ×カスミソウ

バラ×ユリ×小花

バラ×ファレノ×カスミソウ

ユリ×シンビジウム×小花

 

コンパくなフラワーアレンジメントのポイント

カスミソウを短めにカットし花と花の間に埋めるような形でアレンジするとスッキリと落ち着いた印象がでます。

 

また、グリンを数種類アレンジに入れる事で華やかさが出ます。

 

特に、斑入りのアイビー、黄色のゴットセフィアナ、紅葉した葉、ユーカリなどを混ぜてアレンジしてみて下さい。

 

まとめ

男性用のフラワーアレンジメントはまず色に迷ってしまいます。どんな色が良いか。どんな花が良いか決まりはありません。

 

今回こちらの中ではピンク色は紹介しませんでしたが、最近ピンク色のファッションを上手に着こなす男性も多くいます。

 

その為、濃いビビットなピンク色、パープル系のピンクも実はおすすめです。

ピンク×赤×黒や、ピンク×青×黒などで花をまとめてみるととても格好良く若々しいフラワーアレンジメントが出来ます。

ピンク×赤×茶色や、ピンク×紫×青なども若い方にお勧めです。

 

大切なのはその方を思いイメージをして花を選んだりスタイルを考えたりする事です。

どんな花が喜んでくれるかな。

どんな花が似合うかな。と花を通して、貴方がその方の為に考える気持ちが一番のギフトだと思います。

 

それはフラワーアレンジメントを作るフローリストでも、花を送りたいと思う注文する側も一緒だと思います。

 

貴方自身もそんな相手の喜ぶ顔を想像しながら花を選ぶ時間を楽しみ男性に合うフラワーアレンジメント。そして喜んで頂ける花を送ってみて下さい。

 

それでは、ご参考いただけましたら嬉しいです。

最後までお付き合い下さりありがとうございます。

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

【只今募集中のイベントレッスン】

《ミモザのオンライン・対面のレッスン》

今年こそは、憧れのミモザリースを作ってみましょう。

 

フラワーアレンジメントの作り方 花のデザイン理論
1000㎜²の大きい花とドラマチックなフラワーアレンジメント教室 横浜|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました