かすみ草を速く綺麗にラウンドアレンジに活けるフラワーアレンジメントの方法

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

「かすみ草を速く綺麗にラウンドアレンジに活けるフラワーアレンジメントの方法」

についてお話をします。

 

かすみ草を使いやすく切り分ける方法


最初に、かすみ草を使いやすく切り分けます。

①茎から脇枝が出ています。一番下の脇枝に下の茎を残して切ります。

丁度、茎と脇枝がわかれている所の上で切るような形です。

(注意)この時、切った所に余分な茎が残らないように綺麗に切ります。

②細い枝ぶり2.3本(かすみ草・小)と大きな枝ぶり(かすみ草・大)に分けます。


アレンジメントを上、下、その間の3つのブロックに分ける


ラウンドのアレンジメントを上、下、間の3つのブロックに分けます。

アレンジの上から、又は下から順番に挿します。

どちらからでも大丈夫です。お好きな方からどうそ。

【下から挿す場合】

①かすみ草・大を器を回しながらラウンドアレンジの下から器の淵に沿うようなイメージで一周します。

②かすみ草・小をラウンドアレンジメントのトップの花に沿うように挿します。

③かすみ草・大を①と②の間に入れます。

【下から挿す場合】

①かすみ草・小をラウンドアレンジメントのトップの花に沿うように挿します。

②かすみ草・大を器を回しながらラウンドアレンジの下から器の淵に沿うようなイメージで一周します。

③かすみ草・大を①と②の間に入れます。


かすみ草の花の向きや咲き方を使いアレンジメントする


かすみ草を速く綺麗に活ける為には、花の向きがとても大切です。

ラウンドアレンジの下に挿す時、その間に挿す時。この2つのポイントの花の向きは違います。

 

では、カスミソウがどのような形で咲いているのか観察してみましょう。

かすみ草は高い所から下がるにつれて下り坂のように斜行しています。

そして、茎から半分に花が広がり、半分は花がありません

丁度、二等辺三角形のような形になっています。

この花の付き方を上手に使い綺麗に早く花をアレンジします。

 

【下に挿すカスミソウの向き】

①カスミソウを横に倒します。

②花がついている方を上にします。

③カスミソウをアレンジの真横から挿します。

 

【間に挿すカスミソウの向き】

①カスミソウの先端を上向きにします。

②茎を倒しながら活けます。


かすみ草を活ける高さでイメージが変わる


かすみ草を入れる高さでアレンジメントのイメージが変わります。

その為、飾る場所の雰囲気、送る相手の好みなどに合わせカスミソウの花の活け方を使い分けると良いでしょう。

【低く入れた場合】

花と花の間に埋めるような形でカスミソウを活けた時、アレンジメントは落ち着いた印象になります。

そして、大人っぽさや、スタイリッシュに感じます。

モダンなインテリアの空間に飾る時、シンブルで大人っぽい印象のアレンジを作る時などにおすすめです。

【高く入れた場合】

カスミソウを花にかぶせる様に活けるととても華やかさが出ます

お祝いの席に飾る花や、広い場所に飾るなど花を大きく見せたい時。華やかにゴージャスに花を魅せたい時などにおすすめです。


カスミソウをフラワーアレンジメントに使う時のポイント


フラワーアレンジメントを長く綺麗な状態を保つため、様々な工夫や、下処理をしないといけません。

その為に、しっかり水揚げをし栄養剤を入れてあげるなど花を元気して上げます。

そして、カスミソウはとても丈夫な花で花より先に葉がしおれてしまいます。

しかし、しおれた葉がついていては、折角元気で綺麗な花も一瞬で印象が悪くなります。

そのため、下処理として水揚げの時にかすみ草の半分から下の大きな葉は取り除いてあげると良いでしょう。

また、カスミソウは蕾が沢山ついてします。

そして、この蕾を花が開き満開になると一層綺麗に、華やかになります。

しかし、一番最初に咲いていた花は次第に枯れてしまい、乾燥したような色に変色していきます。

このようなカスミソウがついたままではアレンジメント全体がくすんで見え、アレンジメントを台無しにしてしまいます。

カスミソウの花が枯れてきたらその花だけ指でつまみ取り除いてあげると元通りの白いカスミソウが綺麗なアレンジメントになりましす。

 

どちらもとても細かい作業になりますが、花の管理をする事で多くの方に感動と喜びを与える事が出来ます。

生徒さん、お客様の顔を思い出しながやれは地道な作業も楽しくなります。


終りに


カスミソウの花はギフトフラワーとして、フラワーレッスンの花材としてとても人気です。

その理由はカスミソウを入れるアレンジメントがとても華やかになり、そしてフンワリ柔らかい印象になる事。

そして、とても丈夫で花持ちがよく、長く楽しむ事が出来るからでしょう。

 

更に、一年を通し流通しているため誰もが知っている人気の花でもあります。

青やピンク色に染めた花や、キラキラと輝くように加工したものもあります。

上手に綺麗に、そして早く活けるコツを知っておくとかすみ草を使ったフラワーアレンジメントに非常に役に立ちます。

フラワーアレンジメントを華やかにする魔法のようなカスミソウ。

是非、皆様もご参考になさってください。


動画レッスン



募集中のレッスン


(花はイメージです)

 

◆4月~9月「ライジングSEASON」

植物の生命力や、逞しさなどを表現していきながら、枝ものや、大きな花、葉などを使い造形的なダイナミックな作品をご用意しております。

※写真はイメージです。

タイトルとURLをコピーしました