【ススキ 秋のフラワーアレンジメント】おすすめの人気の切り花ススキ/フラワーアレンジメント教室 横浜

春夏秋冬のお花

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

本日は

【ススキ 秋のフラワーアレンジメント】おすすめの人気の切り花ススキ/フラワーアレンジメント教室 横浜

と言うタイトルでお届けします。

 

 

十五夜の飾りとして親しみのあるススキ

満月の夜にススキを飾りゆっくり月を眺めるのも良いものですね。

 

さて、本日はそんなススキの花を使ったフラワーアレンジメントをご紹介します。

秋の草花として人気のススキです。

ススキを使ったフラワーアレンジメントと共にご紹介していきたいと思います。

 

下のフラワー写真のススキはまだ穂が開いてない時です。

この様に穂はほっそりとした状態ではありますが

しっとりした質感には光沢があり、しなやかに垂れ下がる姿に美しさく感じますね。

 

ススキのフラワーアレンジメント

数日たつとススキの穂は開きフンワリとした印象になってきます。

新鮮な時とは違いドライフラワーののようににり

垂れ下がった穂の先はカールされ乾いたススキもまた楽しいものです。

 

このような時間の経過と共にススキの花の様子を眺め

その時々の花の印象を楽しむ事も切り花の楽しみになります。

 

今回は白とオレンジ、そして黄色い花と合わせてみましたが、どんな色とも合うナチュラルカラーで

気軽に使える切り花としてもおすすめです。

花合わせが苦手方でも失敗無く選べ、更に数本で十分華やかに飾る事が出来ます。

また、ススキの葉は穂より先に乾燥していますが、秋のフラワーアレンジメントではそんな乾いた葉もアクセントになります。

積極的に使い、秋の自然身溢れるフラワーアレンジメントを楽しんでみては如何でしょうか。

 

今回私が選んだススキは「タカノハススキ」別名「ヤバネススキ」といいます。

これはこのススキの葉に白い横しまの模様があるからです。

その事から「鷹の羽ススキ」と言われたり

「矢羽薄ススキ」はススキの斑が矢の羽の部分(矢羽)や矢を引く時に持つ部分(矢筈)に似てV字型になっている事から名づけられました。

今回市場で沢山あったススキの中で、私はより穂が赤い物を選んできました。

一般的にはナチュラル色ですが、このススキは赤味があり、フラワーアレンジメントをより華やかにしてれるだろうと思い選んだススキです。

もし、ススキを買う時、選ぶ事が出ましたら、そんな色味や、そして葉の色ボリュームも違いますので選んで買う事をおすすめします。

そして、まだ開いていない新鮮なススキを選んでくださいね。

こちらのブログでご紹介したような穂がまだ開いていないススキを選び、ススキの変化も是非と楽しんで秋を満喫してみては如何でしょうか。

 

ライン公式アカウント
花が好きな皆様にアレンジの可能性、楽しさををお伝えします。
ブログ、レッスン情報が欲しい方はご登録をどうぞ

友だち追加


◆大きな造形フラワー 
今まで体験した事が無い、ダイナミックな花に大きな感動を体験レッスン募集中です。

.

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました