花、枝、葉、それぞれの個性を見出し
植物に命を吹きかける

それがブーケット パフュームの造形的デザインです。

造形的デザインを作る5つの技法

{ためる}
直線的な植物を手でしごくように曲げる事で曲線的な動きを出す技法です。
デザインに大きな流れを作り、躍動感あるデザインを作ることが出来ます。
 ~向いている植物~
  ・ドウダンツツジ
  ・ヒペリカム
  ・カラー

{丸める}
植物を丸める事でデザインに大きな曲線を作り、デザインに大きなアクセントが出来ます。
主に直線的な植物を曲線にする事でアレンジに大きな流れが生まれます。
 ~向いている植物~
  ・野バラ
  ・ハラン
  ・カラー

{切り落とす}
葉を切り落とし姿を変える事で空気感のある動きを出す
印象を強くしインパクトを出す事が出来ます。
それにより、脇役的な植物を引き立たせ、デザイン性の強いアレンジメントを作ることが出来ます。
 ~向いている植物~
  ・アレカヤシ
  ・ヤツデ

{曲げる}
直線的な葉を直角に曲げることで、アレンジメントに幾何学的なデザイン
鋭く横に伸びる動きを作ることが出来ます。
 ~向いている植物~
  ・ニューサイラン
  ・フトイ

{向きを変える}
葉を裏向きにして使う
横向きにして使う。
向きによって変わる流れや、そこに生まれる大きな空間で
デザインの可能性が広がります。
 ~向いている植物~
 ・アレカヤシ
 ・モンステラ

造形デザインのメリット
 ~No.1
アレンジメントの幅が広がります。
 ~No.2
アレンジメントにオリジナルティーを出すことが出来ます。
 ~No.3
植物の魅力を引き出され、存在感のあるアレンジメントが作れます。