ブーケット パフュームの相沢 知美です。

私は、この由一無二のレッスンを作り上げる中、自分の思いをどのような形にしたら伝わるのか。
暗闇の中を手さぐりで歩いているかのような感覚がありました。

しかし、その時私を支えてくれた人々と、このレッスンを体験してくださった参加者の方からとても大きな勇気をもらう事ができ、こうして開講する事が出来ました。

ある参加者の方はレッスンの後に予定がありました。
最初は時間を気にしてレッスンをしていましたが用意した花を見た瞬間、とても感動してくださり、次第に時間が過ぎるのを忘れてアレンジをしていました。
そして「とっても楽しい」「すごく楽しい」と言いながら夢中になってこの大きなアレンジメント楽しんでくださいました。

更に、他の方は「このレッスンに対する先生の熱意を感じた」と言ってくださり、「レッスンの申込みを決意したらワクワクしてきました」とメッセージを下さいました。

この言葉を聞いた時、私は確信しました。
「この植物の躍動感、ダイナミックなアレンジに人は感動されるのだ」
「花が好きな人、フラワーアレンジメント経験者でも今まで感じた事の無い花の魅力があるのだ」

私は今までの不安な気持ちが晴れ、この胸を張って皆様に紹介できるレッスンにしたいと改めて強く思いました。

私自身、花に携わり25年になります。

時には花から離れていた時期もありました。
そりは、子供の成長をしっかり見守りたい時。
自分が花の仕事を責任もって出来ないと感じた時は、私はしばし花から離れていました。
しかし、それはとてもつらい時期であり、自分の感情を抑えるために花を意識的に見ないようにしていました。

花屋さんの前を通る時。
本屋さんでの花のコーナーを見つけた時など。
顔をそむけ、自分の視界に入らないようにしていました。

しかし、このままでは私は花が嫌いになってしまう。
もしかしたら、自分の環境すら愛する事が出来なくなるのではと思いました。

私が花の仕事を再開した時、思ったのはあの時の自分に戻りたくない。
もう、花を手放したくないという思いであり
それ程までに花の魅力に惹かれ、皆さまに伝えたいものがあるのです。

花は日々、品種改良を重ね、輸入の環境も良くなり花市場には目新しい花で溢れています。
その様な花に出会う度、私は大きな喜びを感じます。
そして、それと同時にフラワーアレンジメントの無限の可能性をワクワクした気持ちが込み上げてきます。

時に胸を躍らされ、時に心を解きほぐす花に私は今も魅了され続けているのです。

もし、今まで貴方にこのような感動的な体験が無いのなら
今までの花では飽き足らず、もっと深く花の魅力を知りたいと思うなら、1度レッスンにお越しください。

 

ブーケット パフュームの花に触れながら植物の動きと流れをより理解し
ドラマチックなストーリーと、それを表現したデザインを楽しんでください。
そして、写真だけでは伝わらない花の魅力を是非とも肌と心で感じて下さい。

それでは、私が花市場で胸をときめかせた花と共に、貴方にお会いできる事を楽しみにしています。

大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室
Bouquet Perfume 相沢 知美