【フラワーアレンジメント 作り方】メイン、フォーカルポイントの花の選び方/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

フォーカルポイント(メインの花)についての疑問

先日、レッスンで「メイン、フォーカルポイントのお花の選び方」についてご質問がありました。

皆さんからの疑問はとても貴重な質問です。

人それぞれ疑問に思うことは違います。

でも、疑問に思わなくても、いざ聞くと「確かに良くわからい」なんて事もありますね。

そこで本日は 

【フラワーアレンジメント 作り方】メイン、フォーカルポイントの花の選び方

と言うタイトルで

 

沢山ある花から、メインの花となるフォーカルポイントにはどんな花を選んだらよいのか

自分の好きな花で良いのか

それとも、何か基準となることがあるのか

そもそもフォーカルポイントとは何か

という事を花の基本から学べる大きいフラワーレッスンの花と共にお伝えしたいと思います。

 

フォーカルポイントとは何か

フォーカルポイントとはフラワーアレンジメントの専門用語で、フラワーアレンジメントを作るうえではとても重要な言葉になります。

 

フォーカルポイントの意味は

花の焦点となる位置の事で、このフォーカルポイントの花を中心に花が広がるようにアレンジします。

そのため、フォーカルポイントの花は、人の目を惹くような花

そのフラワーアレンジメントの顔(メイン)となるような花を選びます。

 

例えば

ユリ、ガーベラ、バラ、ヒマワリ、アンスリウム、チューリップ、ダリアなどが選ばれます。

 

但し、花の組み合わせによって変わることがあります。

例えば

バラとガーベラの組み合わせのフラワーアレンジメントでしたらバラがフォーカルポイントの花になります。

 

ユリとチューリップの組み合わせのフラワーアレンジメントの場合はユリがフォーカルポイントの花になります。

 

ということは、より大輪の花、より目立つ花が、より高価な花などインパクトのある花がフォーカルポイントにふさわしい花になります。

 

また、難しいのはどちらも同じくらいの大きさ、同じくらいの印象の花の場合です。

例えば

アンスリウムと、ヒマワリの組み合わせの時

チューリップとラナンキュラスの組み合わせの時

ユリとダリアの組み合わせなど

同じ大きさ、印象の花の組み合わせの時などは選ぶのが難しくなります。

 

このような時は、見せたい花で選ぶと良いです。

例えば、花の色でフラワーアレンジメントの印象は大きく変わります。

そのため、フォーカルポイントの花の色は印象に残りやすい色になります。

 

このような事からフォーカルポイントの花は小花は向いておらず

コスモス、あじさい、デンファレ、トルコキキョウなど一見フォーカルポイントになりそうな花でも、あくまでも小花としてフラワーアレンジメントの空間を埋める花として使います。

 

但し、トルコキキョウでも大輪で、八重咲のとても目を惹くような花があります。

その場合、組み合わせる花や、どんなフラワーアレンジメントを作りたいのかがポイントになります。

 

例えば、八重の大輪のトルコキキョウはバラのような高級感を感じます。

更に、透明感があり、エレガントな印象になります。

 

その為、花のイメージによってはフォーカルポイントの花として使います。

但し、組み合わせる花が八重のトルコキキョウより小さいか、同じくらいである必要があります。

何故なら、大輪の花の方フォーカルポイントにふさわしいからです。

 

まとめ。フォーカルポイント(メインの花)にふさわしい花とは

以上の様にフォーカルポイントの花を選ぶ時の花の選び方についてお話をしてきました。

 

ポイントは、大輪で見せたい花です。

そして、もう一つ。

フラワーアレンジメントを作る時は、このフォーカルポイントになるメインの花を必ず選びましょう。

選ぶ花は1種類です。

 

という事は、フォーカルポイントの他は小花になるということです。

又は、フォーカルポイント用のメインの花と、2番目のメイン花があっても良いでしょう。

 

例えば

バラとガーベラの組み合わせ

バラとカラーの組み合わせ

百合とひまわりの組み合わせ。があっても良いということです。

 

このような花の選び方で、皆さんのフラワーアレンジメントはとても華やかで、印象深く、感動を与えるフラワーアレンジメントになります。

 

是非、皆様のご参考にして下さったら幸いです。

それでは、またお会いできますように。

タイトルとURLをコピーしました