【フラワーアレンジメント 作り方】ビバーナムが引き立つ実ものフラワーアレンジメントの作り方3つのコツ/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

ライン公式アカウント募集中

お花の悩みをご相談したい。レッスン、ブログ情報が欲しい方はお気軽にどうぞ。

友だち追加

 

こんにちは。

横浜市泉気区 大きい花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美と申します。

 

本日は

【フラワーアレンジメント 作り方】ビバーナムが引き立つ実ものフラワーアレンジメントの作り方3つのコツ/フラワーアレンジメント教室 横浜

と言うタイトルでお届けします。

ビバーナムで光沢感の美しい華やかなフラワーアレンジメントを


周年フラワーアレンジメントの花材として人気のビバーナム。

黒い実がシックなビバーナムティナスと、赤い実が華やかなアルプスルビーと2種類あります。

どちらも美しい光沢感がフラワーアレンジメントを華やかにしてくれる実ものですね。

しかし、実もののフラワーアレンジメントがどうも上手く出来ないと思った事はありませんか?

 

このブログではそんなビバーナムティナスとアルプスルビーなど実ものを使ったフラワーアレンジメントを

フラワー講師が実際に作りながらたどり着いた上手な使い方。3つのコツ

実際に私のフラワー教室のレッスンの作品の中から、ビバーナムを使ったフラワーアレンジメントをご紹介しながら解説していきます。

ビバーナムティナス

思った所に配置できない、花が目立たない


さて、素敵な花材を見つけるとその花を上手に使い、その花が引き立つフラワーアレンジメントを作りたいと思いますね。

しかし、いざフラワーアレンジメントを作ろうと始めても思うように作る事が出来ない。

特に普段あまりフラワーアレンジメントの花材に使わない実ものを使おうと思った時

はじめてビバーナムティナスやアルプスルビーなどの実ものを使おうと思った時は思い通り作る事が出来ない事があります。

 

私も実ものは好きな花で私の大きい花のフラワーレッスンでも良く使う花材です。

今では思い通り使いこなす事が出来るようになりましたが、実は以前は実ものが上手く使いこなせない時がありました。

しかし実ものを使ったフラワーアレンジメントを何度もアレンジしているうちに、次第に使いこなせるようになり

本日ご紹介する上手なアレンジメントの作り方がある事がわかりました。

 

特に、私が悩んだのは花を思った所に配置できない事でした。

実ものは下がった様子も可愛いのですが、新鮮で弾けるような花を表現したい。

その為には実物を思った所にアレンジしたいと思いますね。

 

そしてビバーナムティナスは黒くツヤツヤとした光沢感が美しいですね。

このシックな色を上手に使えば大人っぽく落ち着いた印象のフラワーアレンジメントを作る事が出来ますね。

そんな花を作りたいと思っても小さく黒く実がアレンジメントの中で沈んでしまい、目立たなくなってしまう事があります。

 

そんな悩みを解決するには3つのコツがあります。

それでは、早速実ものを使ったフラワーアレンジメントの上手な作り方をご紹介したいと思います。

 

実ものをフラワーアレンジメントにアレンジする3つのコツ


その1、長く枝を切る。

ポイントはビバーナムを切る時の長さにあります。

ビバーナムの様な実が重い花を使う時はも重さを支えるため長めに切ります。

そしてオアシスに挿す時は深く挿す事しっかり固定され花の配置を固定します。

 

その2.長めに使う。

実ものを短く使わないという事です。

短く使うと実が沈んでしまい、花や葉に埋もれてしまいます。

ただし、メリハリをつけ短い花があつても良いでしょう。

その時は実が沢山ついている花を選び、深く挿してください。

枝を切る時は花より少し高くなる位、又は同じ高さになる長さで切る事がポイントです。

 

その3花を配置したい所より上に挿す。

重たい実ものは重みで花が垂れ下がってしまいます。

オアシスに花を挿す時に、この花が垂れ下がる事を計算して最初からアレンジする事が大切です。

従って、花を挿す時、角度を上げてアレンジします。

ポイントはオアシスに挿す所を上にするのではなく

オアシスに挿す位置は変えず、茎の先の角度を変えると、花の角度も変わるので

いつもより花の角度が上がるようにオアシスに挿す事になります。

赤いフラワーアレンジメント

 

3つのコツの知識とフラワーアレンジメントの経験で上達へのコツ


以上、実ものを使ったフラワーアレンジメントの作り方、3つのコツをお話ししてきました。

ポイントは枝を切る長さ、挿す深さ、そして花を挿す角度にあります。

 

このようなアレンジメントの方法を私は沢山の実ものアレンジを作る中でコツを掴んできました。

特に「その3」は実ものを使ったフラワーアレンジメントの経験を積み重ねる事で自然と感覚が身につきます。

フラワーアレンジメントとは知識だけではなく

手から伝わる感覚も非常に重要となります。

その感覚を養うには1本1本の花を丁寧に花に集中しアレンジメントの経験を積み重ねていくしかありません。

 

ビバーナム アルプスルビーを使ったフラワーアレンジメントの作り方動画


それでは最後に本日ご紹介したビバーナム アルプスルビーを使ったフラワーアレンジメントの作り方動画をご紹介したいと思います。

もし、動画を気に入ってくださいましたらチャンネル登録をしていただきましたら励みになります。

それでは最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 

 

体験レッスンも開催中
~秋の花を抱きしめて こちらへ↓

 

ライン公式アカウント募集中

お花の悩みをご相談したい。レッスン、ブログ、情報が欲しい。

お気軽にどうぞ。

友だち追加

 

今までに無い大きな感動。
自由で感性を刺激する大きな花
レッスンはこちら↓

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました