【フラワーアレンジメント 作り方】花と使い方でアクセントわ作る。印象的なフラワーアレンジメントの作り方/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

先日、花屋さんで黒いほおずきの花をみつけました。

実は赤いほおずきよりとても小さく、可愛さが気に入り、家に連れて帰ってきました。

皆さんも是非街に出た時は花屋さんを覗いてみてください。

もしかしたら運よく出会えるかもしれません。

 

心に残る印象的な花を作りましょう。

綺麗な形のアレンジメント

綺麗な色合わせのフラワーアレンジメント

これらはとても印象に残るフラワーアレンジメントになりますが

他にも、花の使い方でクセントをつける事で心に残るアレンジメントを作ることが出来ます。

 

そこで本日は 

【フラワーアレンジメント 作り方】花と使い方でアクセントわ作る。印象的なフラワーアレンジメントの作り方

と言うタイトルで

 

アクセントになる季節ごとの花紹介

花をアクセントにするアレンジ方法

アクセントの花わアレンジするタイミング

をご紹介したいと思います。

 

フラワーアレンジメントを作る時や

花を選ぶ時などにご参考にしていただき、フラワーアレンジメントを楽しんで頂ければ幸いです。

 

アクセントのあるフラワーアレンジメントを作りましょう

 

アクセントとは、フラワーアレンジメントのなかでポイントとなる所の事で

花の使い方で視線を惹きつけるフラワーアレンジメントを作ることが出来ます。

 

花の使い方でアクセントを作る方法

動きのあるフラワーアレンジメントを作ってみましょう。

 

小花を長く使い、アレンジメントの枠の中から思いっきり飛び出た花は、アクセントになり躍動感のある生き生きとしたフラワーアレンジメントを作ることが出来ます。

(真上のアリウムと、左右に伸ばした赤い花、葉っぱがアクセントです)

 

アクセントにおすすめの花

花は、小花で、すっきりした印象のものがおススメです。

春でしたらスズラン、スイートピー、アリウム

夏はデンファレ

秋はコスモス、オミナエシ、ハナナス、ススキ

冬はリューココリーネ

 

他には、ミニバラ、トルコキキョウなどがあります。

また、花以外でアイビーや、利休草、ニューサイランなどの葉っぱもおすすめです。

(紫色の紫式部がアクセントです)

 

アクセントになる花のアレンジ方法

3本ほど、同じ種類の花をまとめて長く伸ばしてアレンジします。

又は、3本の花を1本と2本に分けてアレンジをしても良いでしょう。

 

花の配置は、アレンジメントの左斜め上か、左斜め上が良いでしょう。

ポイントは、花の上の方にアクセントをつけます。

低い位置では花の向きがさがってしまい、花に生き生きとした表現を出すことが出来ません。

 

更に、花の長さをそれぞれ変えて、長い、中、短いと段差をつけてアレンジすると、花の動きが引き立ちます。

 

もし、花を2本と1本に分ける時は、アレンジメントの左斜め上にと、右に配置するのがおススメです。

左右のバランスを見て、アレンジしてみましょね。

(丸い赤紫色はな。千日紅がアクセントです)

 

アクセントに花を長くアレンジするタイミング

小花を長くアレンジするタイミングは、アレンジの一番最後です。

他の花が生け終わり、全体のバランスも整ったら、最後にアクセントになる花を生けます。

アレンジメントの最後の仕上げにアクセントをつけます。

(黄色い花。オミナエシをアクセントに使いました。)

 

おわりに

本日は、花の使い方でアクセントをつける花の選び方、生け方、花を生ける順番をお話ししました。

 

このような花の使い方をすることで、上級者のアレンジメントを作ることが出来

花選び、フラワーアレンジメントのデザインも広がりフラワーアレンジメントが益々楽しくなると思います。

 

他にも色でアクセントをつける方法もありますので、そちらも今後ご紹介していきたいと思います。

それでは、最後までありがとうございました。

(茶色い粟の花、アイビーがアクセントです。)

タイトルとURLをコピーしました