【フラワーアレンジメント 花材】秋のラインフラワーの花材選び。基本の花と葉の選び方とは/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

基本のラインフラワーを選びアレンジメントしましょう。

フラワーアレンジメントを作る時、デザインの輪郭を作り、その中を埋めるように花をアレンジするととても形よく作る事が出来ます。

 

その為には「ラインフラワー」と呼ばれる花を花材に選ぶ事が初心者の方にはおすすめです。

 

では、ラインフラワーとはどんな花なのか

更に秋にはどんなラインフラワーがあるのか

 

本日は 

【フラワーアレンジメント 花材】秋のラインフラワーの花材選び。基本の花と葉の選び方とは

と言うタイトルで

 

フラワーアレンジメンのト基本。秋のラインフラワーに適した花材

ブーケットパフュームの1mを越す大きいフラワーレッスンの作品や

使用した花材と共にご紹介したいと思います。

 

ラインフラワーとはどんな花?  花材選びのコツ。

まず、ラインフラワーとはどんな花で、どの様な花を選ぶと良いのか。

フラワーアレンジメント作りの基本と、花材選びの基本をご紹介したいと思います。

 

フラワーアレンジメント専門用語。ラインフラワーとは

「ラインフラワー」とは、フラワーアレンジメントの専門的な用語です。

 

ラウンド、ファン、トライアングルなど基本的な形の花をアレンジする際に、デザインの形の輪郭を形作るのに使います。

 

フラワーアレンジメントの作り方の手順としては

①ラインフラワーで輪郭を作る

②メインの花を生ける

③花と花の間を埋める

 

と言った手順になります。

この1番の輪郭を形作る時に使う花です。

 

ラインフラワーに適した花材

ラインフラワーに適した花は、真っ直ぐな花です。

ある程度存在感を感じる花の方が適しています。

 

また、輪郭を取るのに、沢山のラインフラワーを使用します。

予算に応じて花材を選びましょう。

 

例えば下の写真ではリンドウ、スプレーマムをラインフラワーに使用しています。

それでは、下の章で詳しくご紹介したいと思います。

 

秋におすすめのラインフラワーのご紹介

また、ラインフラワーになる花材は花だけではなく、葉も選ぶことが出来ます。

特に紅葉した葉は秋らしさも演出する事ができ、おすすめです。

 

今回は秋を感じるフラワーアレンジメントにおすすめの

秋のラインフラワーと、ラインフラワーに使える紅葉した葉をご紹介します。

 

秋のラインフラワー 4種類

リンドウ

秋の季節感を出すことが出来るラインフラワーで、真っ直ぐな花でとても使いやすい花材です。

ピンク、白、水色、青なで色も秋らしい濃い色から、淡い色まであるので、作るアレンジメントの

色合いに合わせて選ぶことが出来ます。

 

スプレーマム(スプレー菊)

花にボリュームがあり、アレンジメントに使うと華やかさを演出することが出来る花材です。

 

但し、1本の枝に沢山の花が咲き、ボリュームが重いと感じた時は

花を1、2輪切り離し、空間の埋めに使うことがおススメです。

 

よく見かける黄色、白、ピンクの他に、オレンジ、ベージュ、ワインレッドなどの色があり、暖色のアレンジメントを作る時や、青・紫色の中にアクセントとして使う事もおすすめで。

 

アスター

近年は1輪咲きのアスターも見かけますが、一般的なスプレー咲きのアスターは花を切り分ける事でラインフラワーとして使うことが出来ます。

1本で沢山切り分ける事が出来、とても便利な花です。

また色はピンク、紫と濃い色が秋らしい深みのある色です。

 

久留米ケイトウ(鶏冠ケイトウ)

ビロードの様な光沢感が美しいケイトウは、質感からしてとてもぬくもりを感じ、更に他の花との質感に奥行きを出してくれる花です。

大輪から小振りな物までと幅広い大きさのあるケイトウですが、小振りなケイトウでしたらラインフラワーとして使用することも出来ます。

また、穂先が垂れ下がっていると輪郭がはっきり出にく、ラインフラワーには不向きですので、久留米ケイトウなどがおススメです。

 

紅葉が美しい秋の葉。ラインフラワー

紅葉ヒペリカム

小振りな葉がとても使いやすく、グリンから、赤、茶色と言った色のコントラストがとても豊かな秋を演出してくれます。

 

実がついて青々しい緑色の葉のヒペリカムもこの時期出回っていますが、紅葉したヒペリカムは実はついてません。

 

秋は物がア豊富なので、赤、黄色、黒など気に入った実物を合わせるのもおすすめです。

 

ルテウス(アメリカテマリシモツケ)

黄金に輝く葉の中に、グリンから赤茶色のグラデーショーンがとても美しい色の葉です。

葉の形もとても可愛く、大きさも使いやすいです。

 

大きめのフラワーアレンジメントを作る時でしたら、とても使いやすく、また、残った葉でオアシスを隠すことが出来るので、とても便利です。

乾いた印象の葉から、秋の空気を感じる葉です。

 

周年で出回っているラインフラー

他にも周年で出回っている花からもラインフラワーとして使用することが出来る花があります。

 

例えば

トルコキキョウ、カーネーション(スプレーカーネーション)、スターチス、ラクスパーなどです。

 

但し、トルコキキョウや、カーネーションなどは花の重みで茎が垂れ下がってしまうと、フラワーアレンジメント初心者の方にはラインフラワーとして使いにくさを感じるかもしれません。

 

そのため、茎がしっかりした花を花材として選ぶととてもアレンジしやすくなります。

また、スプレー咲きの花は、切り分けをして、1輪の花としてラインフラワーに使用しましょう。

 

おわりに。ラインフラワーの花材選びの補足

秋のフラワーアレンジメント作りにおすすめのラインフラワーをご紹介してきました。

花を選ぶ時は、作りたいアレンジメントの色合い、そして印象で選ぶと良いでしょう。

 

例えば紅葉が美しいアレンジメントを作りたいと思ったら紅葉の葉

柔らかいラインの花を作りたいと思ったらアスターなどの小花のラインフラワー

 

ブーケットパフュームの大きいフラワーアレンジメントでは、花が溢れるような秋のドラマチックなアレンジメントを作りたいと、リンドウ、スプレーマム(スプレー菊)を使う事がとても多いいです。

 

皆様も、どんなイメージの花で、何を感じるアレンジメントを作りたいのか。

そんな事を考えながら花材を選ぶと思った通りのアレンジメントが完成すると思います。

 

それでは、最後に

10月の大きい花レッスンでフラワーアレンジメント初心者の生徒さんが初めてアレンジして下さったトライアングルのアレンジメントでお別れしたいと思います。

 

最後までありがとうございました。

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ブーケット パフューム LINE公式アカウント】

ご登録下さった方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

体験レッスンの募集、イベントレッスン、花ブログの情報を配信します。

アレンジメントの作り方
1mを越す大きいフラワーアレンジメント教室 横浜・神奈川|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました