【大きいフラワーレッスン~LINE公式】

体験レッスンの募集、花ブログの情報を配信します。

◆ご登録下さった方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

 

 

【クリスマス アレンジメント】キャンドルを使ったアレンジメント。綺麗に生ける為の1つの注意点/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

キャンドルアレンジは1つ注意しましょう

12月に入り、クリスマスリースに続いて人気のキャンドルを使ったクリスマスアレンジメント。

 

赤や、金色の華やかなキャンドルや

ツリー型のキャンドル

星形のキャンドルなど

様々な形のキャンドルを使ってクリスマスの花をあしらうと楽しいアレンジメントが作れます。

 

そんなキャンドルを使ったクリスマスアレンジメントを作ったら、必ず気を付けて頂きたい事が1つあります。

 

それでは本日は 

【クリスマス アレンジメント】キャンドルを使ったアレンジメント。綺麗に生ける為の1つの注意点

と言うタイトルでお届けします。

 

キャンドルのアレンジメントは芯を立てる

それは、キャンドル芯をピンと立たせる事です。

 

意外と、見落としがちの事なのですが、キャンドルの芯を真っ直ぐに立てるだけでアレンジメントが1段美しくなります。

 

キャンドルの芯は付け根に蝋が着いています。

その為、指で摘み立たせるとそのままの形をキープすることが出来ます。

 

キャンドが立ってているアレンジメントと立っていないアレンジメント

2つのアレンジメントを見比べて頂くと、芯がピント立っていないアレンジメントは少しだらしさを感じるかと思います。

 

今迄気にならないくらいちょっとした事ではあると思います。

しかし、そんな細部まで配慮が、クリスマスアレンジメントを1つ、格別な花にしてくれるのです。

 

まとめ。アレンジメントは小さな配慮で変わる

折角、花を用意し、アレンジメントを作るのですからこのようなちょっとした事にも気を配り、花を楽しみたいものですよね。

 

フラワーアレンジメントはこのように小さな事の積み重ねで変わってきます。

 

これかも私が花を生けていて感じた事などを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

アレンジメントが上手くなりたい

アレンジメントのコツを知りたい

そんな方は、是非またブーケットパフュームのブロぐを覗いてみて下さい。

 

それでは、最後までお付き合い下りありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました