もっと自由なフラワーアレンジメントを。フリースタイルで活けるアレンジの魅力

アレンジメントの作り方

先日、フラワーアレンジメントと生け花の違いについて話をしていたときに

「フラワーアレンジメントは形が決まっている」と言う話がありました。

確かに、丸いラウンド、長細いホガースと形は決まっていて、それに対して花を短く切って形通りに活けることに抵抗感を感じる人もいるかもしれません。

しかし、私が本日皆さんにお話をしたいのは「フラワーアレンジメントをもっと自由に活けよう」と言うご提案です。

こんにちは。

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

本日は形にとらわれない、フリースタイルの花について皆様にお話をしたいと思います。

 

 

フラワーアレンジメントの歴史

そもそもフラワーアレンジメントは花で装飾して空間を飾り立てるために誕生しました。

その為、沢山の花を使い、華やかに演出をすることから発展してきました。

 

生け花のようにわびさびを表現する花と違うところから発展している事が大きな違いと言えます。

目的に合わせたデザイン

フラワーアレンジメントには目的や、飾る時に適した形があります。

例えば丸いラウンドは、テーブルや

長細く背の低いホガースはテーブルの花に向いてます。

このように花を活ける場所に合わせて活けるスタイルがあるのがフラワーアレンジメントの魅力でもあります。

 

しかし、その「形」というものにとらわれすぎてしまうと、アレンジがパターン化してしまう。

または自然な形ではなく、作らけれた形になってしまいます。

 

では、皆さんは「フリースタイル」というアレンジのデザインをご存知でしょうか。

 

フリースタイルとは、花の流れや動きを自由に使い

感じたことを表現するとても躍動感や生命力を感じるような花のデザインになります。

 

花を横に飛ばして見たり

垂れ下げて動きをつけたり

 

型にはまったデザインではなく、花の個性があってのデザインになります。

 

形のあるフラワーアレンジメントも勿論技術アップを段階的に踏むという意味では必要なことかもしれませんが

その先にフリースタイルに花を活ける事を意識して、機会があれば活けてみるのは如何でしょう。

 

もしかしたら、最初はいままでの固定観念にない活け方に戸惑うかもしれませんが、

そこにストーリーを作る

風景を切り取る事をイメージ

貴方がこれまで見てきた美しい景色や花の表情を思い出しなから活けてみて下さい。

 

そして、花1本1本とと向き合い、会話をするようにその花の魅力を見つけてあげてください。

 

きっとその先には、貴方にしか活ける事が出来ない「貴方らしい」花がある事と思います。

 

それでは、春の息吹を感じる花が沢山あるこの季節に

新しい貴方の花に出会えることを期待しています。

 


募集中のレッスン


◆4月~9月「ライジングSEASON」

植物の生命力や、逞しさなどを表現していきながら、枝ものや、大きな花、葉などを使い造形的なダイナミックな作品をご用意しております。

 

※写真はイメージです。

◆ミモザリース~シノワズリStyle

黄色と紫がのコントラストが華やかな大きなリースです。

デザイン性の高いアイアンで造形的なデザインを作り

蝶々の柄のオーガジーのリボンがとても人気のリースです。

詳しくはこちら

→ミモザのリースは暖冬、台風の影響で例年より早く終わる可能性があり、ご提供できる品質が確実でない為、早期に締め切りさせていただきました。大変申し訳ございませんが、何卒ご了承く下さいませ。

 

 

 


SNS


 

アレンジメントのポイント紹介

活け込み動画などを発信

◆チャンネル登録をお待ちしています

Instagram

FB

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました