【フラワーアレンジメント フラワーデザインとは】違いとフラワーアレンジメントを作る時のデザインの作り方/フラワーアレンジメント教室 横浜

花のデザイン理論

 

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

本日は

【フラワーアレンジメント フラワーデザインとは】違いとフラワーアレンジメントを作る時のデザインの作り方と言うタイトルでお届けします。

 

 はじめに

「フラワーデザイン」という言葉を聞いた事がありますでしょうか?

 

この言葉を聞くと、「フラワーデザイナー」なんて言葉が思い浮かんだり

「フラワーアレンジメント」という言葉が思う浮かび、どう違うのだろうと気になったりしませんか?

 

今日はフラワーアレンジメントを楽しんでいる方々のそんな疑問にお答えし

そしてフラワーアレンジメントの技術を学んだ次のステップとしてフラワーデザインを考えてみる。と言った次なるチャレンジへのすすめや

フラワーデザインを考える時の順番やコツをお話ししてみたいと思います。

 

フラワーアレンジメントとは

では、フラワーアレンジメントとはどんな意味なのか。

「アレンジ」=arrangeという言葉は「配置」という意味があります。

 

この言葉を理解すると、フラワーアレンジメントの上達へのヒントがあると感じたくらいフラワーアレンジメントとは花を配置する事を言います。

 

例えばこんなお悩みはありませんか?

 

・花を上手に配置できず形が悪くなってしまう。

・花の配置が偏ってしまい、アレンジメントに空間が出来てしまった。

・花の配置が悪く、色が偏ってしまった。

 

これはらはフラワーアレンジメントに慣れない時に良くある失敗ですね。

 

その為、花の配置がバランス良く出来るようになったり

花の配置を正しい所に挿せるようになると綺麗なフラワーアレンジメントを生ける事が出来るようになるのです。

 

そんな事からフラワーアレンジメントとは花を配置する事。と言えます。

 

勿論、花の組合せ方、色の組合せ方と言うのもフラワーアレンジメントでは重要な事です。

いくら形が美しくても花の組合せ、色合わせが合っていないと花が台無しになってしまいます。

 

ですので、花合わせ、色合わせを含めてフラワーアレンジメントとも言えますが、フラワーデザインの要素でもあると言えます。

 

フラワーデザインとは

では、フラワーデザインとは、どういう意味か。

それはフラワーアレンジメント、ブーケ、花束、それとフラワー装飾総称してフラワーデザインと言えます。

 

また、フラワーデザインは大まかに言うと花や植物、そして時にはそれ以外の素材を使い植物を中心として構成されるものであり

植物やそのほかの素材を使いデザインする事を言います。

 

ですので、フラワーアレンジメントは決められた形を作ったり、その形を応用してアレンジする事になりますが

フラワーデザインはオリジナル性が強く、植物の美しさを自由に表現する事になります。

秋のフラワーアレンジメント

 

フラワーデザインの考え方の順番

では、「自由に発想し、花の魅力を引き出すフラワーアレンジメントを作ってみたい。」

「自分もフラワーアレンジメントでフラワーデザインをしてみたい」

 

そんな事を思った時、どんな事から始めたら良いのでしょうか。

フラワーアレンジメントを作る時に考えるフラワーデザインの考え方の順番をお伝えします。

 

自分が使いたい花材から考えるのが良いでしょう。

例えば、私でしたら「クリスマスの大きいフラワーアレンジメントのデザインを考えてみよう」と思うとします。

 

その1.使いたい花材を決める

ます、1つ使いたい花材を選びます。

例えば私でしたらクリスマスらしく白い枝ものを使ってみたいと花材を決めます。

 

その2.その花材を特長など考えます

例えば

・枝がうねっていて形が面白いな。

・長い枝ものでそれだけで迫力があるな。

・ホワイトクリスマスをイメージして青い花にしてみようかな。

 

何個でも良いので、その枝もの、花、葉っぱなど使いたい花材の特徴の他にも魅力、使った時のイメージなども考えると良いです。

 

その3.イメージをスケッチ

使いたい花材の特徴、魅力、そしてイメージを考え、それを映し出すように自由にフラワーアレンジメントのイメージを描きます。

この時、出来たら色鉛筆の方がより視覚的にわかりやすくなり、更なるイメージが広がります。

 

例えばこのような感じです。

 

(1)デザインの土台となるアレンジメントの形を考えます。

例えば、白い枝ものを前後に振りながら平行に長く使って並べてみたいと考えます。

白い枝を引き立たせるために花は主に下の方に使ってみようと思います。

 

(2)グリンが欲しいので枝の間に長い葉っぱ入れてみようと思います。

 

(3)メインフラワーの配置、使い方を決めます。

ホワイトクリスマスをイメージしてメインの花は白いカラーにしようと考えます。

フォーカルポイントに白いカラー。そして、数本のカラーで曲線を描いてみようと思います。

 

(4)ラインフラワーでデザインの形をはっきりさせていきます。

白を引き立たせるブルーの花を長く使い枝の間に使ってみたいと思います。

 

(5)レースフラワーで雪が降ったようなイメージを作ります

(6)華やかさを出すため中輪の花でアレンジの下を埋めます。

(7)メインの周りもう少し賑やかにしたいので、クリスタルのオーナメントを垂らしてみようか。

だいぶイメージが出来上がり、どんな小花がどれだけ必要か、色合いも大体わかりました。

 

その3.スケッチを元に必要な花材をまとめる

スケッチから必要な花材の色などを把握しておくと材料を揃えやすくなります。

 

他にも、形からデザインを決めていく事もあります。

その時はその形に合う花をスケッチしながら描いていけば良いでしょう。

 

ポイントは色を使う事でイメージがより鮮明になります。

そして使いたい花材の特徴を活かす事を心掛けて考える事です。

 

 フラワーアレンジメントのスケッチのコツ

フラワーデザインを考える時のコツ

・使いたい花材の特長を活かすようにアレンジする事を心掛けます。

・フラワーアレンジメントの土台となる大まかなデザインから考えます。

・土台を考えたらメインの花の使い方、配置を考えます。

 

イラストが苦手な方はまずは図形から

もし、スケッチが苦手な場合は花の絵を〇△×などで表すと良いです。

また、花の絵を書く事は「慣れ」もあります。

 

私も決して絵が得意だったわけではありませんでした。

スケッチを書き出した当初は花のイラストを真似して書きながらフラワーアレンジメントのデザイン画を描いてました。

 

花の絵は大体のラフスケッチで十分ですので書けたほうがご自分のイメージを形にしやすくなるのでおすすめです。

次第に書けるようになるので根気よく書いてみて下さい。

 

思うようにデザインが広からない時

最初の内はそんな事もあります。

 

そんな時は、参考になるようなフラワーデザインを見つけて「この花の使い方、素敵だな」と思う所を取り入れ参考にしてみては如何でしょうか。

 

普段からそんな参考になるフラワーアレンジメントの画像を保管したり

雑誌の写真をスクラップしておくと参考にしたい時にすぐに見る事が出来て便利ですよ。

 

初めは何事も真似る事から学ぶと良いですね。

その中に自分らしいオリジナル性を少しずつ表現してみては如何でしょうか。

 

 フラワーアレンジメントの次はフラワーデザインに挑戦

フラワーデザインとフラワーアレンジメントの違い、フラワーデザインの考え方をお話ししてきました。

フラワーアレンジメントの基本的な技術が身についてら次のステップとしてご自分で花をデザインする事、すなわちフラワーデザインも考えてみては如何でしょうか。

 

自分の好きな花を集め、その花の良いな。と感じたことを花で表現出来る事は非常に楽しい事です。

花だけではなく、枝もの、葉っぱを使う事で貴方の個性をもっと広げる事が出来ます。

 

花の優しい動きや力強い動きななどを表現したい方には枠にはめないフリースタイルのフラワーアレンジメント。

花の特長を生かし普段見る花とは違った別の表情を引き出すに造形的なフラワーアレンジメントなどかおすすめになります。

 

そんな様々なスタイルのフラワーアレンジメントの中に「あっ。こんな組み合わせ良いな」

「この花の向き良いな」「こんな使い方も楽しいな」と花の新たな魅力を見つける事が出来ます。

 

そんな発見がフラワーアレンジメントの魅力でもあり、次はこんな花を作ってみたいという原動力にもなります。

 

更に、私たちの暮らしの隣には美しい四季があります。

そんな季節感を取り入れ人に感動を与える花を作る事が出来たら短い命の花もきっと喜ぶのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました