【花 ロウバイ】冬の黄色い花の枝もの。ロウバイの出回り時期、花もち、フラワーアレンジメントに使う時の注意、使い方/フラワーアレンジメント教室 横浜

春夏秋冬のお花

 

黄色い花が咲く、冬の枝ものロウバイをご紹介します。

こんにちは。

横浜市泉区 大きい花に特化したフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームを主宰しています。相沢 知美です。

 

冬に咲く黄色い花。ロウバイと言う枝ものをご存知でしょうか。

とても可愛い花の形をしており、そして何と言っても香りが良い花。

 

秋からクリスマス、お正月と赤や濃い青の花が多かったフラワーアレンジメントの花に

ロウバイの淡い黄色は春を感じさせてくれる花です。

 

そこで本日は

【花 ロウバイ】冬の黄色い花の枝もの。ロウバイの出回り時期、花もち、フラワーアレンジメントに使う時の注意、使い方/フラワーアレンジメント教室 横浜

というタイトルで

 

冬に黄色い花が咲くロウバイの

出回り魅力、時期、花もち、水あげなどロウバイの基本情報と

ロウバイをフラワーアレンジメントに使う時の注意、使い方

ロウバイに合う花をご紹介し

 

花の少ない冬でもフラワーアレンジメント作りを楽しみたい皆様に

花歴20年以上のブーケットパフュームが冬でも花で溢れるフラワーアレンジメント作りのお手伝いをしたいと思います。

 

ロウバイとはどんな花。魅力、出回り時期、花もち、水あげ方法など花の基本情報

 

さて、ロウバイのフラワーアレンジメントを楽しむ為に、ロウバイの基礎知識を学び、フラワーアレンジメント作りに生かしてみましょう。

 

ロウバイの魅力は花の形、香りを楽しみましょう

ロウバイの花の形は梅の花の様

ロウバイの花は、2~2.5㎝。とても小さな花です。

やや下向き咲き、うつむいた表情がとても可愛らしい冬の黄色い花です。

そして、ロウバイと同じく枝ものである梅の花の様な形をしている事から名前のロウバイとは漢字にすると「蝋梅」と書き「梅」の花の漢字がロウバイの花の名前に使われています。

 

ロウバイの花の香

ロウバイの花は甘く上品な香りがします。

花の形だけではなく、香りも梅の花に似ていて、気持ちが安らぐような香りをしています。

香りのよい花を嗅ぐと、肩の力が抜け、リラックス効果があるので積極的にフラワーアレンジメントに使いたい枝ものですね。

 

ロウバイ(蝋梅)の質感はまるで「蜜蝋」。雪が似合う冬の黄色い花です。

ロウバイの花を良く見ると、他の花には無い質感があり、とても面白い花です。

ロウバイの表面はまるで蜜蝋のような質感を感じ、ロウバイ(蝋梅)の感じでも「蜜蝋」の「蝋」が使われています。

 

そのためこのロウバイの光沢感は蜜蝋の様だと言われていますが

硬い質感、透き通った花びら

そしてロウバイが寒い時期に咲く花で花に雪が積もった所を見ると、まるで雪で花が凍ったように見えるとも思います。

 

ロウバイの出回り時期、花もち、水あげ方法

ロウバイの出回り時期

11月末~2月まで

ロウバイの花もち

花もちは悪くはないですが、花が落ちやすいので注意が必要です。

そのためロウバイは丁寧に扱ってあげる事が大切です。

 

例えば、机に置く時は優しく置いてあげる。

枝が他の花に絡まないようにしてあげる

絡まった時は、そっと花を落とさないように外してあげる

 

などの注意をしてあげましょう。

 

このような花が付いた枝ものの価値は、その枝の枝ぶり、花付で価値が変わります。

枝別れがあまりしてないボリュームの少ない枝もの

花があまりついてない枝もの

このよな枝ものは価値が下がってしまうという事です。

 

ロウバイをフラワーアレンジメントに使う時のコツ

花が咲く枝ものをフラワーアレンジメントに使う時のコツは

 

・花が沢山見える所を正面にしましょう。

・枝ぶりが良い所を正面に使いましょう。

 

もし、花が沢山ついている所が枝振りが悪い。

枝が邪魔で花が見えない。

枝ぶりがフラワーアレンジメントのデザインに合わない

 

そんな時は枝ぶりを整理して使う事でロウバイを美しくアレンジする事が出来ます。

枝ものの選定についてはこちらのブログをご参考下さい。

枝ものアレンジメントのコツ。枝とりと枝振りを見極めた使い方でフラワーアレンジメントが上達する方法
枝物の扱いが難しいと思う方と 枝物が楽しいと思う方がいます。 前者の方は、きっとその使い方のロジックを知らないだけだで 理解が出来たら枝ものの魅力に気付いてくれると思います。 枝ものが楽しいと思う方に...

 

ロウバイに合う花とは。オリエンタルな花との花合わせのヒント

ロウバイに合う花はどんな花があるかご紹介します。

ロウバイは梅の花の形にしている事からオリエンタルな和の印象を感じる花です。

 

その為、合わせる花もオリエンタルな印象の花で

更にフラワーアレンジメントの華やかさを出すためには、大きい花と合わせる

花に大きさのメリハリも付き、ロウバイも引き立ちます。

 

ロウバイに合う、華やかな花とは

・洋菊

・スカシユリ

・シンビジウム

 

など、大きめの花で、ロウバイの健気な姿とも合うような花と合わせてみては如何でしょうか。

 

他にもロウバイの儚い印象に合うようなレースフラワー、スイートピーなど繊細な花もおすすめです。

 

まとめ。冬に花咲くロウバイはお正月の花。早春のフラワーアレンジメントにおすすめです。

 

ロウバイの花はとても花の形、香、そして質感が魅力的な花です。

更に、冬の花が少ない時期に咲く花として健気さ、生命力などの強さも感じる花ではないでしょうか。

 

ロウバイは和のオリエンタルな印象を感じるフラワーアレンジメントの花材です。

ブーケットパフュームのオリエンタルで、大きい花を自由に使う事をコンセプトとしたフラワーレッスンにも合う花。

ロウバイを冬の大きい花のフラワーレッスンの花材として使いたい枝ものだと思いました。

 

それでは、お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました