【フラワーアレンジメント 赤】春夏秋冬。赤い花のフラワーアレンジメント集/フラワーアレンジメント教室 横浜

花の色合わせ・花合わせ

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

赤い花は、季節を問わず人気の花で

合わせる色で季節感を演出することが出来ます。

 

そこで本日は 

【フラワーアレンジメント 赤】春夏秋冬。赤い花のフラワーアレンジメント集

と言うタイトルでお届けします。

 

秋の赤い花のフラワーアレンジメント

こちらは赤い花だけを集めた秋のフラワーアレンジメントです。

 

赤でも黒っぽい赤のカラー、赤紫色の紐ケイトウ、ボルドー色のユリ、赤と白のコントラストのダリア、ブラン掛かった赤のトルコキキョウなど、様々な赤い色のグラデーションと

 

更に、質感もこの赤い花のポイントになってています。

他の花や葉っぱの中でひときわ目立つカラーと百合。

これは花の質感が光沢感があるからです。

赤い花の中に光が反射してこのアレンジメントのフインキを作り出しています。

 

冬の赤いフラワーアレンジメント

こちらはお正月に向けてアレンジした作品です。

 

朱赤はとても明るい赤で、新年のお祝いにピッタリの赤です。

朱赤はモダンな「和」のテイストと相性が良く、日本の行事ごとにはおすすめの赤です。

 

オレンジイメのストレチアの花とも相性が良く、アレンジメントの中でアクセントカラーになりました。

 

春の赤いフラワーアレンジメント

爽やかさを出したい時におすすめの色は、水色やグリンです。

 

赤と水色は、私が好きな色合わせで、一見合わなそうなこの2つの組み合わせですがご覧の様にとても良く合います。

 

春から夏に向けておすすめの色合わせで、白や淡い黄色を足すと更に爽やかさが増します。

そして、ピンクを足すことでキュートな印象が出ます。

 

ポイントは綺麗な赤を使うことがおススメです。深みのある赤の場合は色が沈んで爽やかさが欠けてしまいます。

 

夏の赤いフラワーアレンジメント

赤にグリンと白を合わせたフラワーアレンジメントです。

赤は鮮やかな真っ赤なグロリオサリリーと

落ち着いた赤のアンスリウムを使いました。

 

赤い花を2種類以上使う時は、違う色合いの赤を使う事

赤い2花が違う種類の場合、形が全く違う花を使うと、それぞれが引き立ちます。

 

おわりに。秋冬は重厚感、春夏は軽やかさがポイント

赤い花で季節ごとのアレンジメントをご紹介しながら、その花の色合わせや、花合わせのコツをお話させていただきました。

 

秋はこの他、オレンジ色と合わせたり

冬は、深い紫色、ロイヤルブルーと合わせると重厚感のあるフラワーアレンジメントが作れて、秋冬の空気感と良く合います。

 

春や、夏になりましたら、軽やかで明るさがキーワードになると思いますので、パステルカラーや、白を合わせ、グリンなども上手に使ってみてく下さい。

 

赤い花は、とても種類が多く、お気に入りの色も見つかるはずです。

是非、楽しんで赤いフラワーアレンジメントにチャレンジしてみてください。

 

最後までご視聴、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました