【夏 花】茶色の長い花。ガマをご紹介します。/フラワーアレンジメント教室 横浜

春夏秋冬の花
教室からのお知らせ

こんにちは。

横浜市泉区 1mを越す大きいフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフューム 相沢 知美です。

 

7月~9月に出回る夏におすすめの花をご紹介します。

「ガマ」という花で、長い枝先に茶色のスポンジ状の穂をつけた花です。

 

実は皆さんがご存知の「かまぼこ」ですが、昔、棒にタネを塗って焼いていた姿が「がま」(蒲)に似ている事から「蒲鉾(かまぼこ)」と名前がついたそうです。

 

今日はこの「ガマ」の花と、ガマを使った大きいフラワーレッスンの作品をご紹介したいと思います。

 

ガマは別名「ミスクサ」とも言い、 水辺に生息する日本が原産地の花です。

 

このガマの花は目立たず、切花ではこの穂を楽しみ野草風の趣のある花としてとても人気です。

 

このガマの長さは70㎝~1mほどで出回っており、長細いその花姿で縦に大きく生ける事が出来ます。

 

また、このガマの葉は細長く、ガマの花を華やかにします。

ただ、葉は黄色くなりやすく、アレンジメントに使う時は、黄色くなった葉の部分を切り落として使うのが綺麗に生けるコツです。

 

8月の大きいフラワーレッスンではガマとクルクマを使い、「夏の水辺の花」というタイトルでアレンジして頂きました。

 

夏の蝉の声

キラキラと輝く水面

そんな風景が目の前に広がるアレンジメントです。

 

ひまわり、ユリ、クルクマなど。夏の花との相性もとても良い花です。

皆さんも是非、夏の景色を想像しながらガマの花を生けてみては如何でしょうか。

続きはこちら

1mを越す大きいフラワーアレンジメント教室
ブーケットパフュームの相沢知美です。
元フローリストとして花に携わり25年以上。
ロビーに生けた大きい花の感動を忘れる事が出来ず、横浜市泉区の自宅リビングで花教室を開講。
基本を学び、大きい花を自由に生ける事が出来るようになるレッスンをしています。
教室以外にも、音楽に合わせ即興で花を生けたり、企業様向けの花講師をしたり、大きい生け込み装花をするなど様々な形で花の感動、魅力をお伝えしています。

続きはこちらをフォローする
教室からのお知らせ

 

春夏秋冬の花
1mを越す大きいフラワーアレンジメント教室 横浜・神奈川|ブーケットパフューム