【花 色合わせ】コツを掴めば必ず上手くなる。花の質感・分量で花の組合上達方法/フラワーアレンジメント教室 横浜

花のデザイン理論

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

フラワーアレンジメントの一番の悩み「花の組合せ」。沢山の花から選ぶのは難しいですがコツを掴めば必ず上手くなります。好きな花を選びながら、花合わせの法則「質感」「分量」で調整すれば素敵な花合わせを楽しむ事が出来ます。

一番難しいけど、一番たしい事。

この「楽しい」を「花合わせはとても楽しい~」に変え、自信を持ってフラワーアレンジメントを楽しみましょう。

 

そこで本日は

【花 色合わせ】コツを掴めば必ず上手くなる。花の質感・分量で花の組合上達方法/フラワーアレンジメント教室 横浜

と言うタイトルでお届けします。

 

フラワーアレンジメントを作るときの手順として

1.デザインを決め

2.花を決め

3.色を決めていく

 

といった流れで組み立てている事と思います。

 

勿論、色が指定されている時

こんな「花を使いたい」と先に花から決まる事もありますが

おおよそは、この1~3の流れになると思います。

 

そして、この「色を決める」とは最後にフラワーアレンジメントの印象を決定づけるとても重要なポジションとして認識をしています。

 

実際私も、花市場でレッスンの花を決める時は

とても時間をかけて決めます。

 

何故なら、例えば、今日はこのビビットで鮮やかなダリアを使おうと決めると、その色にパステルカラーを合わせるのか

それとも、シックなディープカラーを合わせるか配色のーンを決めます。

 

または、グラデーションにするのか

緑と赤と言った補色を組み合わせた色にするかなどの組み合わせを考えます。

 

さらに、色による「メッセージ」とアレンジメントのテーマにふさわしいものを選びます。

 

例えば、「春」であれは、淡いピンクや黄色、そしてグリンなど

 

「情熱」ならば赤と

その色に込められたイメージやメッセージと絡め選びます。

 

この時、好きな色、好きな組みあせがあり、それがその人の「個性」や「その人らしさ」に繋がっていると思います。

これは、花教室の先生や、フラワーショップにとっては強みとなるので1つ自分らしい色合わせがあるのも良いかと思います。

 

しかし、そんな花の組み合わせを考えて作った時とは違い

レッスンや試作、資料として準備した花が残った時に

残った花と花で組み合わせると今まで自分のテイストにない新鮮な組み合わせが出来て新たな発見に感動をすることがあります。

 

と、いう事は花の色の組み合わせは、トーンや配色が全てではない

他にもポイントとなる要素があるという事になります。

 

それが、「質感」と「分量」です。

 

質感とは

花の質感とは、私の場合、洋服の生地に置き換えて私は表現することが多いいです

例えば絹のような質感、ベルベットのうな質感

他にも天然の麻のような質感、細かな繊細さがあるレースの様な質感(これは質感というより、印象に近いです)

薄さと軽さを感じるオーガンジーなど

 

例えば、絹のような質感と言えば、軽くなめらかな印象であり

何より、美しい光沢感がある花。

 

ベルベットは起毛のような重厚感と光沢感がある花。

 

天然素材の麻は主にワイルドフラワーのようにナチュラルな印象と乾いた質感のある花。

 

レースは細かい繊細な印象な花が多く

レースフラワーや、カスミソウ、そしてブルーファンジアなどの花

 

オーガンジーのような花は絹のような光沢感はないものの

軽く、そして光を通すような薄く繊細な花びら

このような質感と質感の花びらの組み合わせは洋服に考えると少しわかりやすくなると思います。

 

そしてベルベットにレースは合わせても

ベルベットに麻の洋服は合わせないと思います。

 

ベルベットなら、レースや、シルクとの相性がよいのではないでしょうか。

 

そんな洋服の生地との組み合わせに花も共通していると思います。

 

分量について

ただ、合わない組み合わせでも「分量」でコントロールすることで克服することも出ます。

 

ベルベットワンピースに小さな麻のカバン位の分量なら・・・

(ただ、その場合、ラグジュアリーなワンポイントがあれば尚良いですが

例えば花なら、シックな赤茶の小さいオンシジウムのような蘭や

紫色の高貴な印象のバンダなど・・ワンポイントで入っていると良いなと思います。)

 

そして、この「分量」は色の組み合わせ「配色」にも大いに言える事です。

 

例えば、夏になると蛍光色に近いビビット色の花があります。

 

普段ならあまり手にしない色でも、夏の陽気な雰囲気にはとてもピッタリとあてはまる色です。

 

例えば、ビビットなピンクの蘭に、黄色のオミナエシ

 

これに白やグリーンなど爽やかな色を入れ、黄色のオミナエシはポイント位の分量にしする事で調和を取ることが出来ます。

 

大切なのは分量でコントロールをしてきつい配色にならないようにコントロールすることが色の組み合わせのコツだと思います。

 

まとめ

素敵な、色合わせの花を見ると「私も同じ雰囲気で作りたい」と思いまねてみます。

 

しかし、どうも上手くいかないな~と思うのはこの「質感」と「分量」を理解していないからです。

 

花の組み合わせの順番は

1.配色を決め

2.質感を確かめ

3.分量でコントロールする

 

そして、重要なのは

1.分量

2.質感

3.配色

 

と私は位置づけしています。

 

配色ばかりにについつい気持ちが行ってしまいがちですが

3つの事を意識し花の組み合わせを考える事が上手な花の組み合わせ

人を引き付ける、感動を与える

そんなフラワーアレンジメントになると思います。

 

是非、次の花のチョイスから、実践してみて下さい。

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

【只今募集中のイベントレッスン】

《ミモザのオンライン・対面のレッスン》

今年こそは、憧れのミモザリースを作ってみましょう。

 

花のデザイン理論
1000㎜²の大きい花とドラマチックなフラワーアレンジメント教室 横浜|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました