【花 色合わせ】コツを掴めば必ず上手くなる。花の質感・分量で花の組合上達方法/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメント花の色合わせ・花合わせ

花合わせを「難しい」から「楽しい」にする。

こんにちは。

横浜市泉区。1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室ブーケットパフューム 相沢 知美です。

 

 

フラワーアレンジメントの一番の悩み「花の組合せ」

沢山の花から選ぶのは難しいこと。

好きな花を諦めてしまった・・というご経験もあるのでは。

その花合わせの法則とは

「質感」「分量」を調整する事です。

 

この「花合わせは難しい」から「花合わせはとても楽しい~」に変え、自信を持ってフラワーアレンジメントを楽しんでみましょう。

 

そでは本日は

【花 色合わせ】コツを掴めば必ず上手くなる。花の質感・分量で花の組合上達方法

と言うタイトルでお届けします。


 

 

自分にはない花合わせに上達のヒントがあります。

フラワーアレンジメントを作るときは

・デザインを決める

・花材を決める

・花の色を決めていく

といった工程があります。

 

時に「花の色を決める」はフラワーアレンジメントの印象に繋がります皆さんもとても慎重に選ぶ事と思います。

 

確かに、同じ形のデザイン、同じ花の花材でも花の色合わせによって

可愛らしくなったり、エレガントになったり、優雅な花になったり、ドラマチックな花になったり

花の色は大きく影響するのは確かです。

 

実際、私も、大きいフラワーアレンジメントを生けるフラワーレッスンの花材を決める時は

とても時間をかけて決めます。

 

しかし、そんな花材を選ぶ時は花の色だけではなく

違う所もポイントに花材を選んでいます。

 

花の組み合わせを考えて作った時とは違い、残った花を花瓶に無造作に生けた時

今迄自分のテイストにない新鮮な組み合わせが出来て新たな発見に感動をすることがあります。

 

と、いう事は上手な花の組み合わせは、花の色合わせだけではなく

他にもポイントとなる要素があるという事になります。

 

それが、「質感」と「分量」です。

 

花合わせが上手くなる「花の質感」とは

花の質感とは、洋服の生地に置き換えて表現するとわかりやすいです。

 

シルクのような質感の花

軽くなめらかな質感で光を受けて輝き、光沢感からとても美しい印象を感じる事が出来ます。

 

花で言うと、ラナンキュラス、チューリップなど

 

ベルベットの質感の花

起毛のような重厚感とビロードの様な光沢感が美しい印象です。

冬の温かさも感じる、華やかさと、ラグジュアリー感を感じる事が出来ます。

 

花では真っ赤な「ローテローザ」というバラ

フランネルフラワー、スカビオサがベルベットの印象です。

 

天然素材の麻のような質感の花

乾いた印象と、自然の大地の様なワイルドな印象を感じる素材です。

 

花では、カンガルーポ、ピンクッション、ライスフラワーなどが麻の様な質感です。

 

オーガンジーの様な質感の花

シルクの様な柔らかさと、薄く繊細さがあり

光を柔らかく通すことから、優しい印象を感じます。

 

花では、ラクスパー,デルフィニューム、アネモネなどがその印象です。

 

 

花の質感は洋服のコーディネート同じように合わせる

このような花にも質感があります。

そしてこの質感による花合わせは、洋服に置き換えて考えるとわかりやすくなります。

 

例えばベルベットにシルクのコーディネートはとても合います。

とてもゴージャスな組み合わせで、大人の印象になります。

 

しかし、ベルベットとオーガンジーのコーディネートはどうでしょうか。

重たい印象のベルベットと、軽い印書のオーガンジーとではあまり相性が良いとは言えませんね。

 

この事から、洋服のコーディネートと花の質感の合わせ方も共通していると言えますね。

 

 

花合わせが上手くなる「分量」とは

 

花の質感で分量をコントロール

しかし、合う花の質感の組み合わせ、合わない組み合わせがある中でも

実は「分量」をコントロールすることで合わない質感の組み合わせも上手に合わせる事が出来ます。

 

ベルベットのワンピースにオーガンジーのスカーフなら、とても合うのではないでしょうか。

 

このような「分量」は花でも同じです。

どちらかの分量を抑えて、2つの違う印象同士がぶつからないよう

どちらかを控え目にしてあげる事で、お互いの魅力が引き立ちます。

 

花の配色で分量をコントロール

「分量」は花の色合わせである「配色」でも同じ事が言えます。

 

例えば、夏になると蛍光色に近いビビット色の花があります。

普段ならあまり手にしない色でも、夏の陽気な雰囲気にはとてもピッタリとはまる色で、つい手にしてしまいます。

 

例えば、ビビットなピンクの蘭に、黄色のオミナエシを合わせてみたくなります。

しかし、このままだと、ちょっと印象が強すぎるかな・・と感じますね。

 

そんな時は、白やグリーンなど爽やかな色を入れるのがおすすめです。

更に、黄色のオミナエシはアクセントとして、少量の分量にすれば柔らかい印象になり

白を少なくすれば、陽気でポップな印象にする事が出来ます。

 

花の分量で、こんなにも印象を変える事が出来る・・という事です。

 

花合わせは、色だけではなく質感と分量で調和をとる。

素敵な、色合わせの花を見ると「私も同じ雰囲気で作りたい」と思い真似してみたことはありませんか?

そんな時「上手くいかないな~」と思うのはこの「質感」と「分量」が関係しているからです。

 

花の組み合わせで、重要なのは

1.分量

2.質感

3.配色(色合わせ)

と私は位置づけしています。

 

配色ばかりにについつい気持ちが行ってしまいがちですが

3つの事を意識する事で、自分が使いたい花を使って、好きな色合いの花合わせをする事が出来るのです。

 

是非、次の花のチョイスから、実践してみて、貴方らしい花を楽しんでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました