【フラワーアレンジメント 配置】花の配置で印象が変わるフラワーアレンジメント作り方とプロの技/フラワーアレンジメント教室 横浜

花のデザイン理論

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

本日は

【フラワーアレンジメント 配置】花の配置で印象が変わるフラワーアレンジメントの作り方とプロの技

と言うタイトルでお届けします。

 

花の配置は目的、表情、伝えたい事で変わる

基本のフラワーアレンジメントではメインの花の配置は、花器を正面から見た時に中心の位置に来るようにアレンジします。

 

しかし、いつも同じ花の配置ではデザインがワンパターンになってしまいます。

すると花に個性を表現したり、花の可能性を広げる事が出来ませんね。

 

そして様々なデザイン、花の表情を見る事がフラワーアレンジメントの楽しさだと思うと他の配置もマスターしたいですね。

 

 

ただ、花の配置には、理由と理論があります。

その理由と理論を理解したうえで、他の配置を学ぶ事でデザインの幅が広がり

使い分けて花の配置を変える事が出来る様になります。

 

花の配置1つで花の目的と、魅せたい花の表情、伝えたい花の美しさが変わりるという事です。

 

花をアレンジメントの正面に配置する効果

花を正面に配置した時の効果についてお話をしたいと思います。

実は正面に花を配置すると、花を最大限に効果的に使う事が出来ます。

 

何故なら、人は前を向いた状態で視線を真っ直ぐ伸ばすからです。

すると花も自然と正面から見るようになり、その視線の先にはそのフラワーアレンジメントで一番華やかで綺麗な花があるという事になります。

 

これは花を見た時に「華やかだな」「花が綺麗だとな」という印象になりますね。

従って、正面に花を配置する事は花を一番美しいく、明るく見せる事が出来るという事になります。

 

正面に配置した花から伝わる事

例えば、結婚祝い、お誕生日のお祝いなど、華やかな花でお祝いしてあげたい時や

お見舞いの花は「明るい気持ちなって欲しい」「早く元気になって欲しい」という気持ちを花に託して伝えますね。

 

花には一番美しく、生き生きとして見える花の角度、向きがあります。

バラやユリの花びらは下に垂れ下がっている印象より、上に上がっている方がよいです。

 

トルコキキョウは正面から見た時花が丸く見えること。

そして花の中心が見える角度だと更に花が大きく見え、華々しい花の表情を見る事が出来ます。

 

花を正面に配置したことで花の元気な姿、美しく輝く姿を見せる事で花からのメッセージを伝えることが出来ます。

 

お洒落で趣のある横の配置のフラワーアレンジ

しかし、その一方で

「花の趣を表現したい」

「花の豊かな表情を楽しみたい」

「花のさり気無い美しさを魅せたい」と言う時は正面の配置は印象が強く感じる事があります。

 

何故ならそれは先ほどもお話ししたように花を正面に配置すると

花の飛び込んできそうなまでの迫力やインパクトから強い存在感を感じるからです。

 

その為、落ち着いた印象にしたい時は花の配置を横にずらしてみると大きく印象が変わります。

こちらの写真はメインのチューリップを横にずらし、反対側にリボンをアレンジして中心から左右にチューリップとリボンを配置しました。

 

大輪の花がおすすめ。バラやガーベラの時はまとめて凹凸を出します

メインの花を横に配置する時はダリア、百合、芍薬、アンスリウムなど大輪の花にとても有効です。

何故なら、大輪の花こそ、正面の配置では存在感が強すぎると感じる事があるからです。

 

その時は花を横に配置してさり気無く花をあしらった方がお洒落に見えるのです。

 

他にも、バラや、ガーベラと言った中輪の花も配置を横にしたい時があります。

何故ならメインの花の位置が大きなポイントとなるように花をアレンジしないと印象が弱いからです。

 

その為、バラやガーベラなどの中輪の花を横の配置にずらす時は必ず花を3本~5本は同じ所にまとめて挿すとよいです。

この時、全てが同じ高さでは凹凸感のなく、無表情の寂しい花になってしまいます。

 

花は凹凸をつけることで、花に明暗が出来、光が当たっているいる花は輝き、沈んだ花はその花の繊細さが際立ちドラマチックな花の表情がが出来ます。

 

また、大きなアレンジメントでしたらダリヤやシャクヤクなど大輪の花も2輪ほど凹凸を出すと良いです。

するとそこに大きなポイントが出来、さり気無い中にもインパクトを感じます。

 

こちらのアレンジメントは中心にシャクヤクが来てますが、バラは横にまとめて配置しました。

 

上の配置で花の景色を切り取ったフラワーアレンジ

他にも、花の配置を上にあげるデザインもあります。

 

特に向日葵は真っ直ぐに高く伸びる姿に爽快感を感じます。

時には花の景色を切り取ったかのような風景的なフラワーアレンジメントは新鮮です。

 

花の本来の姿を思い出し花のポイントを上に配置すると花の自然な表情とフラワーアレンジメントの自由な発想の楽しさを感じる事が出来ます。

向日葵以外も、バラやガーベラなどがお勧めです。

秋のフラワーアレンジメント

 

まとめ

フラワーアレンジメントは花のどんな表情を魅せたいか、どんな事を伝えたいかでアレンジが変わります。

 

配置だけではなく、花の色や花の種類でも印象は変わってきますが、様々な要素が重なり、花に想いが映し出されるのだと思います。

 

今迄正面に花を配置していた方も他に花の配置を置く事でまた違う花の表情を見る事が出来ますのでおすすめです。

 

私も実際正面と横の配置は使い分けています。

例えば、花を華やかに見栄え良く見せたい時は正面に。

(特にHPのヘッダー、SNS用の写真。少ない花で花を華やかに見せたい時)

 

花をお洒落見せたい時は横にします。

(ギフトフラワー、趣のある花でアレンジする時、シックな花でアレンジする時)

 

花の目的、伝えたい事、見せたい表情この3つのポイントを考えて是非花の配置を考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました