【フラワーアレンジメント 作り方】限られた花材で上手に作る花の配置、アレンジメントの作り方のコツで/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

本日は 

【フラワーアレンジメント 作り方】限られた花材で上手に作る花の配置、アレンジメントの作り方のコツ

と言うタイトルでお届けします。

 

 

 花が足りなくなる。フラワーアレンジメントの失敗を重ね


私がフラワーアレンジメント初心者の時。アレンジメントの途中で花が足りなくなった。という経験が時々ありました。

アレンジメントでは美しく仕上げるには花が足りなければ花を足す事もあります。

 

しかし、それが出来るのは花が沢山あるような状況の時だけ。

例えば、花屋さんでギフトフラワーを作っている時。

花教室で先生が余分に花を準備してくれている時など。

そんな条件の時でないと花を足す事は出来ませんね。

 

しかし花屋さんでは予算の中て花をいかに綺麗に作る事が出来るかという事も必要な技術なりますし

フラワーアレンジメント教室では与えられた花の中でアレンジ出来るようにする事がアレンジメントのスキルアップにつながるため

花があろうが、無かろうが限られた花の中でフラワーアレンジメントを作る事は大切な事です。

 

では、どのようにしたらフラワーアレンジメントを作る時に「花が足らない」という事にならないのか。

それには3つのポイントがあります。

 花全体のボリュームを把握する


花は1本の枝に大きな花が1輪咲く物もあれば。

1本の枝に小さな花が1輪咲く物もあります。

他には、スプレー咲きのように1本に沢山の花が咲く物もありますね。

更に同じトルコキキョウであっても、その花の個性で枝振り、花の付きが違ったりします。

そんな花達は同じ1本でも花のボリュームは大きい物から小さなものまで様々です。

 

また、作るアレンジメントの大きさも変わるでしょう。

その為大切なのは自分がどのくらいの大きさのフラワーアレンジメントを作るのか。

その大体の枠、大きさのイメージをしっかり持つ事。

そして、自分に与えられた花。用意した花がどのくらいのボリュームがあるのか。

それは、本数とは関係なく、咲いた花がどれだけあるか。という事になります。

 

そうすると、「アレンジメントの大きさのわりに花が少なそうだから、グリンを上手に使ってボリュームを出そう」とか

「花が少ないからあまりアップダウンさせないで花を活けよう」などと思いつく事が出来ます。

ここで捕捉しますと、フラワーアレンジメントでは花の高さに高低差をつけた活け方をするととてもお洒落で、そしてプロが作ったかのような仕上がりになります。

しかし、花に高低差をつけるとその分沢山の花が必要になります。

花のボリュームが少ないときは花の高低差も少なくした方が良いでしょう。

この様に、アレンジメントを作る前にアレンジの大きさと、使う花のボリュームから感覚を掴む事は大切です。

 花を等間隔にアレンジする


これはフラワーアレンジメントの基本的なアレンジメント技術になりますが、花を活ける配置は花と花の間に入れていく。

等間隔に活けるとアレンジメントの空間を綺麗に埋める事が出来ます。

 

しかし、花を空間の真ん中から外れて活けてしまうと更に別の空間が出来てしまい更にそこに花を入れたくなります。

これが花が足りなくなる最も一番多いい原因ではないでしょうか。

 

 花の正面を見つけてアレンジする


これは花の表情をしっかり読まずに花を活けてしまうと起きてしまう事になりまが

フラワーアレンジメントを華やかに作るコツは花の向きを読み取り、フラワーアレンジメントの正面には花の顔が華やかに見えるように正面の向きで活ける。

例えば、バラや、ユリなど、花の向きがしっかりある物は花が外を向いたり、元気がない印象でアレンジすると寂しく感じ花をもっと足したくなりますね。

 

また、他の位置の花。例えば、横に活けた花も横向きであっても顔の中心が正面から見えるような花の表情を見つけアレンジすると華やかさが出ます。

フラワーアレンジメントでは花のちょっとした向きや角度で印象がとても変わります。

何処を正面に向けて使ったらアレンジメントが綺麗か。

1本1本丁寧に活ける事が大切です。

まとめ


以上の様にフラワーアレンジメントを作る時、花が足りなくなる原因とそうならない為のコツをお話ししました。

フラワーアレンジメントでは失敗はつきものです。

大切なのは、失敗を恐れず楽しむ事と、失敗したことを「次はこうアレンジしよう」と気付く事です。

そんなあなたの気付きが、貴方の美しい花に必ず生まれ変わります。

 

また、ブーケットパフュームでは只今、秋の体験レッスンも開催しております。

本日ご紹介したような秋を感じる花々を腕いっぱいに抱きしめる事が出来ます。

詳しくはこちらのページからご確認いただけます。

 

ライン公式アカウント
花が好きな皆様にアレンジの可能性、楽しさををお伝えします。
ブログ、レッスン情報が欲しい方はご登録をどうぞ

友だち追加


◆大きな造形フラワー 
今まで体験した事が無い、ダイナミックな花に大きな感動を体験レッスン募集中です。

.

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました