【フラワーアレンジメント コツ】直感で自己流にアレンジする花経験者が上達する3つの方法/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

 

フラワーアレンジメントを自己流でアレンジしてきたが、前程出来上がった花に満足できない。

一体何処を直したら上達できるのか。

そのポイントは花との向き合い方にあります。

 

そこで本日は

【フラワーアレンジメント コツ】直感で自己流にアレンジする花経験者が上達する3つの方法/フラワーアレンジメント教室 横浜

と言うタイトルでお届けします。

 

 自己流で直感的にアレンジメントを楽しんできた方の次なるステップ


フラワーアレンジメントを長らく自己流で活けてきたアレンジメント経験者の方は

自分の直感を信じ、思いっきり花を楽しんできた事と思います。

 

自分の直感的を信じ花を活ける事が出来るのはとても素晴らしい事です。

自分の感性を表現できる。そして表現を楽しんでいる証拠ですね。

花をスピーディーに活ける事も出来、完成するまでも他の方より早かったりします。

 

しかしその一方では自己流でアレンジする事に限界も感じつつある。という事はありませんでしたか?

今迄は、完成した花を眺め、嬉しかった気持も、なんだか今は違って

何処が良くないのかわからないけど、もっと素敵に花をアレンジ出来るようになりたい。

と思いませんか?

 

 自己流には限界がつきもの


自己流に限界を感じるのはフラワーアレンジメントに限った事ではありません。

例えはスキーや、テニス。お料理。

自己流でもなんとなく出来ていたから今迄困ることなく、満足していたが

長くやっていると、さらに上手い人の様になりたい。

しかし自分の限界を感じてしまいます。

 

私で言ったら洋裁がそうでした。

習ったことはなかったが、母や、祖母が洋裁が得意で、子供の頃から夏休みの自由研究はクッションカバーや、刺繍。

そして洋服も手作りするようになったが、自己流に作った洋服に一切愛着がわかなくなった事がありました。

原因は自己流で作った洋服。それなりには完成しているけど、所々の始末の悪さが目に付くようになったからでした。

 

やはり、何事も自己流ではなく基本わ抑える事は大切だと感じました。

 

 自己流から貴方らしい花、個性のある花に


花も同じです。

花の場合でしたらフラワーアレンジメントの基本を学び、その後に基本を崩した自分らしい花を表現するのが良いと感じます。

そのため自己流から基本を崩した「貴方らしい花」「あなたの個性を感じる花」「オリジナルティーのある花」に変えていく事が大切です。

 

基本を押さええながら花を崩した自分らしい花。個性のある花には安定感があります。

花の配置や、長さ、花選びなどのバランスが整っています。

しかし、基本を踏まえず自己流でアレンジした花には残念ながら不安定さを感じます。

先ほどと同じく、花の配置、長さ、花選びがバラバラになっているからです。

 

 フラワーアレンジメント上達方法は自己流脱却。3つのステップ


では、自己流で直感でアレンジしていた花から「自分らしい花」、「個性を感じる花」にするにはどうしたらよいでしょうか。

それはフラワーアレンジメントの基本の再確認と

アレンジメントを丁寧に作る3つのステップを実践する事がおすすめです。

 

その1.フラワーアレンジメントを活けている時は時々、遠くから花を眺めてみる。

《ポイント》

アレンジメントの大きさにもよりますが、50㎝位は離れてみましょう。

肩の力を抜いて、深呼吸するなどリラックスして花を見ます。

 

その2.花を1本1本丁寧に活けましょう。

《ポイント》

花と丁寧に向き合う事で花の向きはこれで良いか。

花の配置はこれで美しいか。など、時には花をアレンジメントに当てたり、花を回して向きを見たり

一番美しいと感じる所を見つけます。

 

その3.完成した花を客観視しましょう。

《ポイント》

完成したフラワーアレンジメントを客観的に見る事で、様々な点に気付きます。

この花が長過ぎたな。この花の配置が良くないな。

と言った気づきは非常に重要で、私も今でも自分のアレンジメントを客観視するようにしています。

その為の方法は、アレンジメント全体の写真を撮影する。

他の物が映り込まないように周りをスッキリさせる事で花に集中出でき、細部まで見る事が出来ます。

又は花を翌日見る。

気持が冷静になった状態。フラット気持ちで花を見る事が出来ます。

フラワーアレンジメント赤

この3つの事を実践していただくと、今迄直感的にアレンジしていた花を冷静に見る事が出来ます。

そして気付いた所があれぱ手直しすをする。

これで今迄のアレンジメントよりずっと素敵な花になり

更に貴方が作りたかったフラワーアレンジメントになります

 

 貴方らしい新しいアレンジメントに生まれ変わる


ラワーアレンジメントでは気付きは大切です。

「この花はここに配置して良かったな」「こうしたら花が綺麗だったな」など、気づきによって自分の法則を作っていき

その法則が貴方らしいフラワーアレンジメントになります。

 

丁寧にアレンジした花は見ただけその方の花への接し方が映し出されます。

花に向き合う。花と会話するようにフラワーアレンジメントを楽しむ。

 

そんな気持ちで花と触れ合いながら、貴方の新しい花を作ってみませんか?

 

 

体験レッスンも開催中
~秋の花を抱きしめて こちらへ↓

 

ライン公式アカウント募集中

アレンジメントに役立つブログ、動画。フラワーレッスンの情報が欲しい方はご登録をどうぞ

友だち追加

 

今までに無い大きな感動。
自由で感性を刺激する大きな花。
レッスンはこちら↓

 

 

タイトルとURLをコピーしました