【切花 冬】ハボタンの花もち、花の向き、選び方とは。冬の針花、ハボタンの魅力を解説/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

只今、LINE登録で動画「花の色合わせ3つの方法」を全員にプレゼント中

 

冬の花。ハボタンは切り花でも人気の花。

こんにちは。

横浜市泉区 大きい花に特化したフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームを主宰しています。相沢 知美です。

 

園芸家の中でも人気のハボタン。

冬の花が少ない時期に、華やかなハボタンは冬の切り花としても大変人気です。

 

私の大きい花のフラワーレッスンでもハボタンを使ったフラワーレッスンをお正アレンジとしてレツスンしましたが、生徒さんから「可愛い」ととても好評な冬の切り花ハボタンでした。

 

そんなハボタンは冬の華やかな切花として以外にも、フラワーアレンジメントの花材としておすすめしたい理由があります。

このブログでは切り花のハボタンの魅力

フラワーアレンジメントに使う時のハボタンの向きの見方

そして切り花のハボタンを選ぶ時の上手な選び方

 

更に、出回り時期や花言葉

ハボタンに合う、花合わせなどをご紹介し

皆様の冬のフラワーアレンジメント作りがより楽しく、より素敵な花になるお手伝いをさせて頂きたいと思い

今回は冬の切り花「ハボタン」にクローズアップして

【切花 冬】ハボタンの花もち、花の向き、選び方とは。冬の針花、ハボタンの魅力を解説/フラワーアレンジメント教室 横浜

というタイトルでお届けします。

 

フラワーアレンジメントの上達のコツは、その花の魅力や、使い方のコツ、選び方、花の基本情報を知ると花を生ける時にその花を生かしてアレンジする事が出来ます。

 

ハボタンとはどんな冬の花。日持ち、出回り時期、花言葉

私は花に携わり、20年以上経ちますが、今も昔も変わらず冬の切り花として人気なのが「ハボタン」です。

初めて見た時は「キャベツみたい~」とびっくりしましたが

このハボタンの魅力にすぐに引き込まれ、切り花のハボタンが出回る冬の季節になるといつも嬉しくなります。

そんなハボタンの花の基本情報をご紹介します。

冬の切り花。ハボタンの魅力

ハボタンは葉っぱがまるでバラが咲いたかのような形で開いている姿が、とても華やかな印象を感じます。

葉っぱには、色のグラテーションがあり、ハボタンを見ていると色の変化に引き込まれてしまいます。

一般的なハボタンはシンプルな葉の形をしていますが、最近は1枚1枚の葉っぱの縁がフリンジになっているもの。

大きな切れ込みがあるものと様々です。

色は、白、紫、緑がベースですが、品種によってクリーム色のハボタン、黒っぽいハボタンと色の違いからも選ぶのが楽しくなります。

 

切花のハボタンの日持ちは。冬でも長持ちする?

冬の寒い時期の園芸としても人気なだけに、切り花でもとても丈夫な花です。

一番外側の葉っぱから次第に変色し、中心の葉っぱが開いてきます。

色が悪くなってきた外側の葉っぱを取ると次第に花は小さくなってしまいますが、2週間以上は花持ちします。

 

切花のハボタンの出回り時期

ハボタンは11月から出まわり12月が最盛期となります。

特に、年末年始は何処の花屋さんでも切り花として手に入り、冬のフラワーアレンジメントの花材として準備しやすい切り花です。

 

ハボタンの花言葉

ハボタンの花言葉は「祝福」「利益」です。

とても縁起の良い花言葉なので、お正月のフラワーアレンジメントに使う切花としてはおすすめですね。

 

ハボタンの花もちは2週間以上。12月の年末からにどこの花屋さんでも切り花として出回ります。色や、葉の形に違いがあるので、好みの葉ボタンを選んでみると楽しいです。

 

切花のハボタンを冬のフラワーアレンジメントに使う時の上達のコツ

ハボタンはバラのように中心から葉っぱが巻かれた状態で開きます。

そのため、バラの花と同じように、ハボタンにも向きがあります。

更に、ハボタンはとても大きい花ですが、どんな使い方をしたら良いのでしょうか。

 

ハボタンの上手な使い方は、ハボタンの向きを見てアレンジする事

ハボタンをフラワーアレンジメントに使う時は2つのポイントをチェックする事がフラワーアレンジメントが上達のコツになります。

 

《その1》ハボタンの中心が上向きになるようにする

《その2》葉っぱの巻きが上に広がっているように使う

 

この2つのポイントをハボタンをよく観察しながらアレンジすると、ハボタンがより綺麗に生ける事が出来ます。

 

上手な選び方で冬のフラワーアレンジメントがより華やかになる切り花の葉本の選び方。

これまでご紹介してきた、切り花のハボタンの魅力や、ハボタンを冬のフラワーアレンジメントに使う時のコツなどから、切り花のハボタンの上手な選び方

 

《その1》中心の巻きが沢山巻かれているハボタンは新鮮な証拠です。

《その2》ハボタンの中心が真ん中にきているハボタン

《その3》葉っぱの周りが変色していないハボタン

《その4》色のグラテーションが綺麗なハボタン

 

この4つのポイントを見て選ぶとハボタンの華やかな冬のフラワーアレンジメントになります。

 

メインの花になる?ハボタンは冬のフラワーアレンジメントにsどう使う?

切花のハボタンは、その大きな姿から、メインの花として使うのか

それともメインの花は別の切り花を選ぶか迷う事があります。

 

しかし、冬のフラワーアレンジメントに華やかさを出したいと思うと、切り花のハボタンでは少々足りないかな・・と言うのが印象です。

ハボタンをメインとして使うには花を華やかに見せる技術として、葉っぱの使い方、合わせる小花の選び方などが必要です。

そのため、まずは、ハボタン以外の切り花をメインの花にし、ハボタンは2番目、3番目に見せたい花として、フラワーアレンジメントの中でも目立つ所にアレンジしてあげるのが良いです。

 

では、実際、どんな切り花とハボタンは合わせたら良いか・・・次の章でお話をしたいと思います。

 

ハボタンは花の中心が上を向き、上に向かって開くように使います。更に、選ぶ時は形、色が良いハボタンを選び、華やかなメインの花とハボタンを合わ冬のフラワーアレンジメントを作る事がおすすめです。

お正月アレンジメント

 

和モダンなフラワーアレンジメントをつくるハボタンと冬の切り花との花合わせ

ハボタンは和を感じる冬の切り花です。

そのため、同じ和を感じる切り花と合わせるグッと和風アレンジメントになります。

例えば、菊、松、千両、南天、水仙とハボタンと同じ時期に出回る冬の切り花がおすすめです。

 

更に洋花と合わせると和モダンな印象を感じる事が出来ます。

例えば、大人っぽく豪華な印象にいたい時はユリ。

可愛らしい心象にはガーベラ、チューリップなどがお勧めの切り花です。

 

ハボタンに合わせるメインの花は、ハボタンよりはっきりしている色又は、ハボタンより大きい花を選ぶのがコツです。

 

まとめ。花持ち良く、華があるハボタンは冬のフラワーアレンジメントにおすすめの切り花

冬に人気の切り花として、ハボタンをお伝えしてきました。

ハボタンは園芸種だけではなく、切り花としても冬のフラワーアレンジメントには根強い人気があります。

特に、ハボタンをフラワーアレンジメントに使う時は

ハボタンの選び方、使い方をご参考いただける、ハボンを使った華やかな冬のフラワーアレンジメントが出来ます。

 

そして、切り花のハボタンは花もちが良いので、オアシスに水を足してあげるなど花の管理をして長く楽しんで下さい。

更にハボタンは色や、葉っぱの形で印象が大きく変わりますので今年は、白の葉ボタンで爽やかなフラワーアレンジメントにしたから、来年の冬は紫の葉ボタンを使い、大人っぽいフラワーアレンジメントを使ってみよう・・と様々なハボタンに触れていただき、ハボタンの世界を頼んで頂ける

そこに新たなフラワーアレンジメントの楽しみや、気付きを見つける事が出来

益々皆さまのフラワーアレンジメントの世界が広がるかもしれませんね。

 

私も、来年は紫のハボタンで大きい花のフラワーレッスンをして、生徒さんに大人のお正月アレンジメントを楽しんで頂きたいと今からワクワクしまています。

 

それでは、皆さんも是非ね冬の切り花。ハボタンを楽しんで下さい。

LINE登録

只今ライン公式アカウントご登録者限定。

動画「花の色合わせ3つのコツ」をプレゼント。

※ご登録はこちらをクリック!!

定期的に情報をお届けしています。

◇フラワーアレンジメントのブログ、YouTube動画のご紹介。

◇大きい花のフラワーレツスン、季節のイベントレッスンのご案内。

~ 皆さまのご登録をお待ちしています。

 

大きい花の体験レッスン

 

大きい花のフラワーレッスン

 

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
フラワーアレンジメントの作り方
1000㎜²の大きい花とドラマチックなフラワーアレンジメント教室 横浜|ブーケットパフューム

コメント

タイトルとURLをコピーしました