【お花 色合わせ】春のクールな紫色には反対色の黄色で明るい花の色合わせに/フラワーアレンジメント教室 横浜

花の色合わせ・花合わせ

 

◆体験レッスン募集中

~レッスンの日程、詳細は画像からどうぞ

 

 

春の花の色合わせをしてみましょう

こんにちは。

横浜市泉区 大きい花に特化したフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームを主宰しています。相沢 知美です。

 

先日、とてもお洒落な紫色のチューリップに出会いました。

シックで、咲き方も変わっていて一瞬で気に入ってしまったチューリップです。

 

そんなお気に入りの花を見つけた瞬間

早く飾りたい!!と思いワクワクしますが、その反面

「どんな色の花と合わせよう・・・」

「どんな色とならこのチューリップを生かした色合わせが出来るかな・・」なんて考えてしまいます。

 

何故なら、紫色は個性が強く、他の色と合わせるのにはちょっと難しい色

皆さんにも、そんな紫色の色合わせに悩んだこともあるかと思います。

 

結局、私がその日選んだのは黄色。

華やかで、楽しくなるような色合わせが出来ました。

 

そこで本日は 

【お花 色合わせ】春のクールな紫色には反対色の黄色で明るい花の色合わせに

と言うタイトルで春におすすめの色合わせ

 

紫、黄色にはどんな春の花があるのか

上手な紫と黄色の色合わせるのコツ

を花歴20年以上の花講師が解説してみたいと思います。

 

 

春は紫色の花が華やか

そもそも、今迄紫色の花に触れることが無かった方にとっては紫色は個性的で難しい色と思われますが

紫色でも色の濃淡で印象も色合わせの難易度も変わります。

 

紫色とはどんな色、どんな印象の色?

《濃い紫色》

重厚感あり、色の中でも最も高貴な印象を感じる色です。

《淡い紫色》

クールで、神秘的な色の印象になります。

淡い色になると色のコントラストも和らぎ

色の印象もソフトになります。

 

「紫色の色合わせに挑戦してみよう」という方はまずは淡い紫色で始めてみる事がおすすめです。

 

更に、ピンクを混ぜたパープルピンクはおすすめの紫色です。

エレガントで妖艶な大人っぽい色合いになり特に大人の女性に人気の色です。

 

そんな紫色は、中間色に当たる色の為、赤の暖色、青の寒色どちらにも合う色で

色の合わせ方で印象やイメージが変わる色です。

 

中間色とは、原色(赤、黄色、青)を混ぜて作られる色の事。紫色は、赤×青を混ぜて作った色ですね。

春の紫色の花達

紫色の素敵な花達をご紹介します。

こんな花を見かけたらつい手にしたくなりますね。

最近は切り花としても人気のパンジーです。

 

ライラックの紫色もとても素敵です。

 

淡い紫色が優しいアネモネ。気持ちが優しくなる色ですね。

 

シックな濃い紫色のチューリップは大人っぽく素敵です。

 

赤紫のスカビオサはアクセント使いにどうそ。

 

 

紫に色に合わせるなら黄色い花がおすすめです

 

紫×黄色はどんな色合わせ

同系色で紫色×青や、紫色×水色ならイメージが湧くのに

紫色と黄色ではイメージが湧かず本当に合う色合わせなのかな?

と、不安に思う方も多いいのでは。

 

それもそのはず、紫に対し黄色は反対色になります。

反対色とは簡単に言うと対照的な色の事。色をグラデーションに並べた円形の図では紫の反対側に黄色がきます。

 

そんな冒険色の様な紫色×黄色の色合わせですが、落ち着いた印象の紫色を黄色と合わせる事でパッと明るく華やかにしてくれます。

 

例えば

濃い紫色と黄色を合わせでは

色のコントラストが目立ちエキゾチックな印象が出ます。

 

淡い紫色と黄色では

優しく明るい色合いになりパンジーやビオラを思い出す楽しい色合わせです。

 

 

紫色と黄色の色合わせのコツ

紫色と黄色は反対色になりますが

そんな事から、この2色を合わせた時に気になるのが印象の強さ。

しかし、色を調整する事で紫色と黄色の印象を変える事が出来ます。

 

その1、黄色の花を小花にしてアクセントに使う

その2.黄色い花の量を少なくする

その3.黄色の色味を淡くしたり、くすんだ色にしてみる

と、黄色の色味と分量を調整し

紫色に合う、黄色を探すのが色合わせのコツです。

 

黄色にも菜の花のような淡い黄色から、カンガルーポーのようなマスタード色とありますので、合う黄色を探して見ましょう。

 

更に

・白か茶系の花を入れる

・グリン(葉っぱ)を多く入れる

などの白、グリンを足すのもおすすめです

 

淡い色合いには、カスミソウなどの白い花を。濃い色合いには実物などの茶系がおすすめですよ。

 

 

まとめ。紫色で

紫と、黄色と言った反対色の難しい色でも、色合わせのコツを掴む事で素敵な色合わせになる事がわかったと思います。

 

春には沢山の花が咲き、その中にも紫色の花はとても多くあります。

そんな紫色の花シンプルに濃淡だけでまとめてみたり

紫と非常に相性の良い水色やピンク

更に本日とご使用介した黄色と合わせたりする事が出来る事で紫色の花を飾るバラエティーも増え楽しくなりますね。

 

そんな色合わせのヒントに本日は紫と黄色についてお話をしてきました。

更に、もっと色合わの事を学びたい
花の色合わせが上手になりたい


という方は花歴20年以上の知識が一瞬で手に入る

ブーケットパフュームのLINE公式アカウントにご登録をどうぞ。

只今、ご登録頂いた方に全員に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中です。

詳しくはこちら

友だち追加 

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

花の色合わせ・花合わせ
1000㎜²の大きいフラワーアレンジメント教室 横浜・神奈川|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました