【お花 長持ち】秋の花を長持ちさせる水の量とは。コスモス、ダリア、ケイトウ、トウガラシ、バラ/フラワーアレンジメント教室 横浜

アレンジメントの作り方

 

こんにちは。

横浜市泉区。

1mを越す大きいアレンジを基礎から学べるフラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢 知美です。

 

明日から体験レッスンのご予約が続いています。

本当に有り難いことです。

皆さんの夢や、花への想いを聞くたびに、私が花の道に進んだ時の事を思い出します。

 

だから花屋に就職したい、大きいアレンジメントを生けてみたい、花が好きでアレンジメントを学んでみたい。もっとフラワーアレンジメントが上手くなりたい。

 

そんな皆さんの気持ちがとても良くわかり、そして大切にしたいと思うのです。

その為、体験レッスンの時のヒアリングをとても大切にしています。

 

もしお会いすことがありましたら、沢山お話を聞かせてくださいね。

 

 

秋の花を花瓶で飾る時の花持ちとは

初夏から夏の暑い季節の間、気づいたら花瓶の水が濁っていた。

茎がヌルッとした。

と言う事があったとおもいます。

 

そうな苦労も、秋の訪れとその心配も少なくなりホッと安心します。

 

しかし、秋のお花でも水が濁り、茎が痛みやすい花があります。

 

そこで本日は

【お花 長持ち】秋の花を長持ちさせる水の量とは。コスモス、ダリア、ケイトウ、トウガラシ、バラ

と言うタイトルで

花瓶に花を飾ったとき

花持ちを良くするためのコツをご紹介します。

 

花瓶の水の量を少なくする秋の花

花の種類

トウガラシ、コロニカル、ケイトウ、リンドウ、ダリア、ネリネ

(淡い黄色のネリネ)

 

水を少なくする理由

茎が水に弱いため、茎が柔らかくなりやすい花です。

 

花瓶の水の量

花瓶の1/3~1/4です。

花瓶の大きさは花の高さの1/2位が目安です。

(コロニカルブラック)

 

花瓶の水の量を多くする秋の花

花の種類

バラ、コスモス、菊、スプレーマム、秋色アジサイ、アナベル

(秋色あじさい)

 

水を多くする理由

水を沢山吸う花たちで、水の量が少ないと元気がなくなります。葉っぱが悪くなったらそのサインです。

 

花瓶の水の量

花瓶の2/3入れます。

花瓶の大きさは花の高さの1/2位が目安です。

(洋菊/フエゴ)

 

おわりに。

他にも花瓶で花を飾るときには、延命剤を使うことをオススメします。

 

延命剤は生花店でサービスで頂く事もありますが、生花店やホームセンターで販売されています。

 

バクテリアの繁殖を抑える効果と

花の栄養となる糖分が入っています。

糖分は花を長持ちさせる他、蕾を咲かせる効果があります。

(但し、個体差で咲かないものもあります)

 

◆関連記事~延命剤、界面活性剤について

【お花 水あげ】花持ちが良くなる。延命剤、界面活性剤(銀イオン)で花が長持ち。水揚げの効果/フラワーアレンジメント教室 横浜
こんにちは。 横浜市泉区  1000㎜²の大きいフラワーアレンジメント教室 ブーケット パフュームの相沢 知美です。 本日は 【お花 水あげ】延命剤、界面活性剤(銀イオン)で花が長持ちする理由、水揚げの効果 ...

 

また、本日は花瓶で花を楽しむ場合をお話ししましたが、オアシスに挿した方が花は長持ちすると個人的には感じています。

(あくまでも個人の感想です)

 

特に、今回ご紹介したケイトウ、トウガラシ、コロニカルは花持ちが期待できます。

 

それでは、またお会い出来すように。

最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました