【花 配色】フラワーアレンジメントの花を同系色で組み合わせる時の配色の3つのコツ/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

ライン公式アカウント募集中

お花の悩みをご相談したい。レッスン、ブログ情報が欲しい方はお気軽にどうぞ。

友だち追加

 

こんにちは。

横浜市泉気区 大きい花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美と申します。

 

本日は

【フラワーアレンジメント 生け花 配色】季節の花材の組合せを同系色にする時の3つのコツ

と言うタイトルでお届けします。

 

 はじめに


フラワーアレンジメントの要素には、花の扱い方、花の配置、花の組合せ、デザインの構成、花の色合わせと5つの要素があります。

このブログではその中から花の色合わせをする時のお話し。

同系色の季節の花材でフラワーアレンジメントを作る時により花が美しくなるたった1つのコツ

花歴20年以上、現在はドラマチックでエキゾチックな花をコンセプトにした大きいフラワーアレンジメント教室のフラワー講師がご紹介します。

 

 同系色のフラワーアレンジメントがつまらない・・仕方のない事ですか?


さて、皆さまは花を買ってフラワーアレンジメントを作ろうと思った時、どんな花の組合せをしますか?

番多く見られる花の組合せは同系色でまとめる事かと思います。

濃色の淡、または似たような色でまとてつくられる同系色のフラワーアレンジメントは花屋さんに並ぶ花でも多く見られます。

 

同系色の花で揃えると花にまとまりが出てとても綺麗な色合いになりますね。

特にピンクが好き。

紫色が好きと、好きな色の花がある方は好きな色をたっぷり楽しむ事が出来てそんな花を手にするだけでワクワクして嬉しくなってしまいますね。

 

しかし、いざそんな好きな花の色の同系色で組合せ、フラワーアレンジメントを作ってみたら

ちょっとつまらなく感じてしまう。

何か物足りなさを感じてしまう。なんて方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし同系色の花でまとめると花がつまらなくなってしまうのは仕方のない事なのでしょうか。

何かもっと工夫して、同系色の花の組合せであっても心がトキメキ、感動できる花を作る事は出来ないのでしょうか。

フラワーアレンジメント 秋

 

 憧れの花、感動的な花を作るのが夢


私は横浜の自宅で大きい花に特化したフラワーアレンジメント教室をしています。

この花教室を立ち上げる時、ドラマチックな花を作りたいと思いました。

何故なら、それは、私が花を始めた今から20年以上も前の事になります。

当時、私はフラワーアレンジメントの魅力にどんどん魅了されフラワーアレンジメントが楽しくて仕方ありませんでした。

そして、フラワーアレンジメントの雑誌を見ては「こんな花を作れたらいいな・・」

「人に感動を与えるような花を作れるようになりたい」と思っていました。

 

その思いは今でもかわせず、人に感動を与える花を作りたい。

「ドラマチックな花で感動を届けたい」と思っています。

それにはある花合わせの1つのコツがあるのです。

カラー フラワーアレンジメント

 

 コツは、質感でフラワーアレンジメントに変化を出すと


皆さんにも同じような事はありませんでしたか?

雑誌やSNS、様々な所で今は簡単にフラワーアレンジメントの画像を見る事が出来ますが

私もこんな素敵な花を作ってみたいと憧れの気持ちがいっぱいになったり

感動的な花を見ては胸が熱くなる思いで花を眺めたり

ほんの一瞬でも、そんな花に出会う事が出来た時は幸せな気分になりますよね。

 

しかし、いざ好きな色の花、その時の気分にピッタリの色で花をまとめ、フラワーアレンジメントを作ってみると何故か花が単調でつまらない色合いになってしまう。

同じ花を使っているのに、どうしてこんなに違うのか・・・

改めてフラワーアレンジメントの花材の見合わせの難しさをヒシヒシと感じる瞬間でもあります。

 

そんな時におすすめしたい1つのコツとは

季節の同系色の花材で花を組み合わせた時は、質感で花に変化を出す事です。

この質感は単調な同系色の花に奥行き、陰影などが出て、花に奥深い表情を出します。

その結果、花の表情をよりドラマチックになります。

 

 花の質感で感動的なドラマチックな花を作る方法


それでは、季節の花材を使った時。

花の組見合わせに質感を出し、花に変化を出す。とは一体どういう事なのか詳しくお話をしていきたいと思います。

 

それは、同系色の季節の花材を組み合わせる時は、質感で花に奥深い表情と陰影をつける事になります。

 

質感とは、例えば洋服などに使われる生地では木綿の少しゴワッとざらつい質感、シルクの艶っとした滑るような質感、更にオーカンジーのフワッとした軽い質感などがありますね。

 

花にも同じくこの質感があるのです。

この質感は実際に触らなても花を見ただけで人の滞在意識から質感を感じる事が出来ます。

そんな視覚からの質感を使い、例えば、実ものやダリアのように光沢感のある花は艶々とした質感。

カラーやバラ、百合の様な花はマットな質感。

レースフラワーやアスチルベの様なフンワリトした花はオーカンジーの様な軽い質感。

そしてスターチスやカンガルーポー、ケイトウのような花は乾いた質感を感じる事が出来ます。

 

これらの様々な質感を組みあわせ、フラワーアレンジメントを作ると同系色の花がグッと魅力的になり

花を見ているだけで引き込まれるような奥深さを感じ

花の質感から出来る陰影にドラマチックさを感じる事が出来ます。

 

沢山の花の中から質感の違う花を組み合わせ、あなたが憧れるような素敵なフラワーアレンジメントを是非作ってみて下さい。

最後に、こちらの記事も皆さまに花合わせ、色合わせのご参考になると思い、ご紹介をさせて頂きます。

【花 色合わせ】コツを掴めば必ず上手くなる。花の質感・分量で花の組合上達方法/フラワーアレンジメント教室 横浜
こんにちは。 横浜市泉区 大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室 ブーケットパフュームの相沢知美です。 フラワーアレンジメントの一番の悩み「花の組合せ」。沢山の花から選ぶのは難しいですがコツを掴めば必ず上...

 

 

体験レッスンも開催中
~秋の花を抱きしめて こちらへ↓

 

ライン公式アカウント募集中

お花の悩みをご相談したい。レッスン、ブログ、情報が欲しい。

お気軽にどうぞ。

友だち追加

 

今までに無い大きな感動。
自由で感性を刺激する大きな花
レッスンはこちら↓

 

 

 

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

【只今募集中のイベントレッスン】

《ミモザのオンライン・対面のレッスン》

今年こそは、憧れのミモザリースを作ってみましょう。

 

フラワーアレンジメントの作り方
1000㎜²の大きい花とドラマチックなフラワーアレンジメント教室 横浜|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました