【水あげ】コデマリ、あじさい。花を長持ちさせる水あげ/フラワーアレンジメント教室 横浜

フラワーアレンジメントの作り方

 

ラインご登録の方に只今無料動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼン中

 

こんにちは。

 

横浜 東京 神奈川の大きなドラマチックフラワーアレンジメント教室

ブーケット パフュームの相沢 知美です。

 

今、アトリエでは春の枝ものが沢山あります。

 

春には花や青々とした新緑が綺麗な桜やドウダンツツジ

夏には涼を感じる爽やかなナツハゼやアジサイ

秋には紅葉した色鮮やかな葉が気持ちを高揚させる紅葉ヒペリカム

冬にはクリスマスやお正月を華やかにする染めた枝ものなどし

 

季節折々の枝ものをブーケット パフュームの大きなフラワーレッスンでは使いしますが

壺花や、レストランなどの大きな活け込みなどの時にか欠かせない存在ですね。

 

本日は、市場から入荷した枝もの正しい水揚げの仕方と

その後の切り戻しなど管理の仕方についてお話をしたいと思います。

 

それでは、実際にコデマリ、ハクレン、そしてアジサイとそれぞれ違うミス上げの仕方をお伝えします。

 

コデマリはハンマーを使います

《準備するもの》

新聞紙、セロテープ、ハンマー、枝ものの1/3位と同じくらい大きさのバケツ

 

《手順》

1.バケツの半分より多めにお水を入れ、栄養剤も入れて準備をします。

2.新聞紙の角を1つ大きく三角に折ります。

3.折った所を手間やにしてコデマリを置きます。

折った所が枝ものの下、対角線の角がコデマリの先端になるイメージです。

※コデマリ10本で新聞紙1枚を目安にして下さい。

4.コデマリの上2/3を新聞紙でゆったりと巻いてください。

巻き方は新聞紙が三角形になるように下は新聞紙でしっかり巻く感覚で、上は大きく開くように巻きます。

※コデマリの上まで新聞紙で巻かれているかご確認ください。

お水が漬かるところから新聞紙が巻かれていると、新聞紙が濡れたのが染み込み、花や葉を濡らしてしまいます。

この状態のままだと蒸れてしまい、花などを黒くなってしまうので注意して下さい。

5.コンクリートなど硬い所に枝の切り口を置き、1本1本ハンマーで強くたたきます。

枝の先が2~3㎝枝が裂けるように割れていれば大丈夫です。

6.1のバケツに入れて終了です。

 

《向いている枝もの》

コデマリ、雪柳、シンフォリカルポス、千両

 

ハクレンはハサミで切れ込みを入れます

《用意するもの》

ハサミ、枝の1/3位の高さのバケツ

 

《手順》

1.バケツの半分より多めにお水を入れて準備をします。

栄養剤は、花がついているものは入れると良いと思います。

2.ハサミで切り口の真ん中を縦に割ります

3.ハサミを左右に動かし、3.4㎝枝が裂けるように切れ込みを入れます。

※ハサミで直角に切れ込みが入らないと裂けません。

4.枝の直径が1㎝以上太さがあるときは、更にもう一度2.3と同じ要領で枝を割ります。

この時、切り口がバッテンになるようにハサミを入れます。

5.1のバケツに入れて終了です。

 

《向いている枝もの》

枝もの一般

 

アジサイは芯を取ってミョウバンに着ける

 

《準備するもの》

新聞紙、セロテープ、ナイフ、1/3位と同じくらい大きさのバケツ、(ミョウバン)

 

《手順》

1.バケツの半分より多めにお水を入れ、栄養剤も多めに入れて準備をします。

2.新聞紙の角を1つ大きく三角に折ります。

3.折った所を手間やにしてアジサイを置きます。

折った所が枝ものの下、対角線の角がアジサイの先端になるイメージです。

※アジサイ2本で新聞紙1枚を目安にして下さい。(アジサイの大きさによる)

4.アジサイの上2/3を新聞紙でゆったりと巻いてください。

巻き方は新聞紙が三角形になるように下は新聞紙でしっかり巻く感覚で、上は大きく開くように巻きます。

※アジサイの上まで新聞紙で巻かれているかご確認ください。

お水が漬かるところから新聞紙が巻かれていると、新聞紙が濡れたのが染み込み、花や葉を濡らしてしまいます。

この状態のままだと蒸れてしまい、花などを黒くなってしまうので注意して下さい。

5.切り口の上から3㎝上からナイフで斜めに切ります。

6.中心の白い綿のような所を取り除きます。

7.切り口にミョウバンをつけると、ミョウバンの殺菌作用で更に花が長持ちします。

 

《向いている花》

あじさい、ビバーナム

 

 

 

その後の花の管理

1週間に1度はバケツを掃除をして、綺麗な水に入れ替えましょう。

この時、枝の切り口周辺はぬめりなど、汚れていますので洗ってぬめりを取ります。

 

切り口の2から3㎝上を今度は斜めに切って切り戻しをします。

 

また、動画で学びたい方へ

本日の一般的な枝物やこでまり、雪柳の水揚げ方法はこちらの動画でもご紹介しています。

bouquet-perfume

大きな花に特化した造形フラワーアレンジメント教室

ブーケットパフュームの相沢知美です。

花歴20年、元ホテル専任フローリスとしてロビーに生けた大きい花の感動が15年以上経過した今も忘れられず

横浜市泉区の家族4人が暮らす17畳程のリビングで大きいのフラワーアレンジメント教室を開催しています。

bouquet-perfumeをフォローする
【ラインご登録者さまプレゼント】

只今ご登録頂いた方に動画「花の色合わせ3つの方法」をプレゼント中。

更に、アレンジメント作りに役立つブログや、レッスン案内を定期配信します。

 

【只今募集中のイベントレッスン】

《ミモザのオンライン・対面のレッスン》

今年こそは、憧れのミモザリースを作ってみましょう。

 

フラワーアレンジメントの作り方
1000㎜²の大きい花とドラマチックなフラワーアレンジメント教室 横浜|ブーケットパフューム
タイトルとURLをコピーしました